『ピーマンの肉詰め』を作ったつもりが? 出来上がったものに17万人が『いいね』

拡大画像を見る

縦半分に切ったピーマンに、ハンバーグのタネを詰めて焼く、『ピーマンの肉詰め』。

ピーマンのシャキシャキ感と、ハンバーグのジューシーさを一緒に味わえるとして、人気の家庭料理です。

露野(@4_tuyuno)さんは、ピーマンの肉詰めを作った時の写真をTwitterに投稿したところ、17万件もの『いいね』が寄せられました。

ピーマンの肉詰めになるはずが…こちらの1枚をご覧ください。

『ピーマンの肉離れ』に…!

フライパンで焼いているうちに、肉のタネがピーマンと分離。ミニハンバーグと、焼きピーマンが一度にできあがったのでした。

投稿を見た人たちからは「笑った。みんな、一度はやるよね」「これはこれでおいしそう!」といった声が相次いでいます。

また、「片栗粉をまぶし、肉を下にして焼くとバラバラにならない」とのアドバイスも寄せられていました。

家庭料理の『あるある』な失敗に、多くの人がクスッとさせられたようですね。

[文・構成/grape編集部]

出典 @4_tuyuno

関連リンク

  • 4/28 11:17
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます