鈴木京香「一つ飛ばし」NHK大河出演で長谷川博己と「結婚の掟」再燃

拡大画像を見る

 2021年放送予定の三谷幸喜(59)脚本のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の第三次出演者発表が、4月27日に行われた。

 今回発表された追加キャストは、藤原秀衡役に舞踏家で俳優の田中泯(76)、源頼朝の愛妾“亀”に江口のりこ(40)、武田信義役に八嶋智人(50)、三浦義澄役に佐藤B作(72)、そして、後白河法皇(西田敏行)の寵姫・丹後局(たんごのつぼね)を、女優の鈴木京香(52)が演じることが発表された。

「鈴木が演じる丹後局は、もとは後白河法皇の近臣・平業房の妻でしたが、業房の死後は後白河法皇に仕え、平清盛(松平健)の死を契機に、法皇の寵愛と信任を得た第一人者となり、政治にも介入するようになったり、頼朝とも親密な関係にあったらしく、頼朝とは常に進物を贈りあいしているというしたたかさもあったりと、歴史好きにはメジャーな人物。05年のNHK大河ドラマ『義経』では、夏木マリ(68)が演じていました」(女性誌記者)

 鈴木は今回の起用について、

「うれしいオファーをいただいた時、私は恥ずかしながら丹後局を知らなかったものですから、慌てて資料を読み漁り、その時代には珍しく政治に積極的に関わった女性だったと知りました。年齢を重ねれば重ねるほど、その熱意をより募らせていったという丹後局。今はもう彼女の大ファンです! 丹後局として撮影に参加できる日を、心待ちにしています」

 としたうえで、共演する場面が多い西田については、

「西田さんご本人の、周囲を明るく和ませながらも役に妥協しない佇まいを少しでも学べたら、と 思います」

 とコメントしている。

■大河にも三谷作品にも常連の鈴木

「鈴木はこれまで90年の『翔ぶが如く』、93年の『炎立つ』00年の『葵 徳川三代』、
04年の『新選組!』に16年の『真田丸』と、5回もの大河ドラマ経験があります。『新選組!』と『真田丸』の2作は三谷脚本ですから、三谷は鈴木への信頼の厚さがわかります。大河以外でも、鈴木は三谷作品の常連ですからね」(専門誌記者)

 鈴木は95年の『王様のレストラン』(フジテレビ系)、映画は97年の『ラヂオの時間』や08年の『ザ・マジックアワー』など、多くの三谷作品に、幅広い役どころで出演している。

「最近では、テレビ東京に気に入られたのか、2020年には『行列の女神〜らーめん才遊記〜』で主演、『共演NG』ではヒロインをそれぞれ務めています。特に『共演NG』では、“昭和顔”“耕運機みたいな顔”“うんこ野郎”となどなど、罵詈雑言を主演の中井貴一に叩きつける姿が話題を呼びましたね」(前同)

 そんな鈴木だが、2010年に『セカンドバージン』(NHK)での共演を機に、長谷川博己(44)との熱愛が、現在に至るまで報じられ続けている。今年3月2日号の『女性自身』(光文社)でも、「鈴木が高級マンションに引っ越して長谷川と同居し、事実婚する」という報道もあった。

■今度こそ結婚なるか

「長谷川は、昨年から今年2月まで放送していたNHK大河ドラマ『麒麟がくる』で明智光秀として、主演を務めていました。当時は大河ドラマの暗黙の了解から、“いよいよ鈴木と結婚か!?”と騒がれたものです」(前出の専門誌記者)

 NHK大河ドラマに出演する俳優は、放送中のスキャンダルなどはご法度。また、撮影が長期にわたるため、役者はプライベートで遊びづらくなる。そのため、腰を据えて仕事をするべく、スタート前に身辺整理して重大発表を行う役者も珍しくない。

「事実、今年2月放送の吉沢亮(27)主演の大河ドラマ『青天を衝け』に重要な役・徳川慶喜で出演する草なぎ剛(46)が、20年12月30日に、4年半交際していたとされる一般女性と電撃結婚発表をして、世間を驚かせました。

『麒麟がくる』の際も、クランクイン前で鈴木の誕生日の19年5月ごろに婚姻届けを出すのでは、と推測されていましたが、結婚することはありませんでしたね」(前同)

 2020年の『麒麟がくる』では長谷川が主演、2022年の『鎌倉殿の13人』には鈴木が出演。“1年飛ばし”で大河に出演するような大物カップルだと、結婚のタイミングも悩ましい。この2020年こそが、2人にとっての“最大のチャンス”かも?

関連リンク

  • 4/28 7:33
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます