レアル、ベンゼマ弾で追いつき第一戦はドロー…チェルシーは前半の決定機生かせず

拡大画像を見る

 チャンピオンズリーグ(CL)・準決勝ファーストレグが27日に行われ、レアル・マドリードとチェルシーが対戦した。

 チェルシーは10分、メイソン・マウントのクロスにクリスティアン・プリシッチがヘディングで落とす。ゴール前にフリーで待っていたティモ・ヴェルナーがダイレクトでゴールを狙うもGKティボー・クルトワが右足のつま先で弾くファインセーブを魅せゴールとはならなかった。11分にもセサル・アスピリクエタのクロスにヴェルナーが飛び込むが一歩及ばない。

 すると14分、プリシッチがDF裏に抜け出してGKを交わすとそのままシュート。ゴールネットに突き刺さりチェルシーがアウェイで先制に成功した。

 レアル・マドリードは23分、中央で受けたカリム・ベンゼマが左足一閃のミドルシュート。ボールは右ポストをかすめるが相手ゴールを脅かすチャンスとなった。すると29分、ショートコーナーからゴール前の混戦でベンゼマが頭でコントロールし、力強いボレーシュートを突き刺し同点に追いついた。

 徐々にチェルシーのペースを抑えたレアルだが両者ゴールまで至らず、強い雨が降りしきる中1-1で前半は終了した。

 一進一退の攻防が繰り広げられる中、レアル・マドリードは66分にエデン・アザールを投入。一方のチェルシーも3選手を同時に交代する。

 選手交代後はチェルシーがボールを収められるようになったものの、レアルの守備は厚くなかなか決定機を創ることができず、拮抗した試合が続く。

 チェルシーは77分にフリーキックを獲得する。ハキム・ツィエクのシュートは枠を捕えたがGKクルトワの正面に飛びゴールとはならなかった。

 レアル・マドリードは88分、トニ・クロースから低弾道のコーナーキックが供給されるとラファエル・ヴァランが頭で合わせるが枠を捕えることができない。

 後半は両者見せ場無く、そのまま試合は終了。序盤のチャンスを決めきれなかったチェルシーだが、1点のアウェイゴールを手にしてホームのセカンドレグに臨む。セカンドレグは5月5日(日本時間6日午前4時)にキックオフを迎える。

【スコア】
レアル・マドリード 1-1 チェルシー

【得点者】
0-1 14分 クリスティアン・プリシッチ(チェルシー)
1-1 29分 カリム・ベンゼマ(レアル・マドリード)

関連リンク

  • 4/28 5:50
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます