「緑色の嘔吐物に気を付けて!」生後1週間で緊急手術を受けた女児の母が注意喚起(英)

拡大画像を見る

英ノッティンガムシャー 、ビーストン・ライランズに住むコレット・カービィさん(Colette Kirby)は昨年9月13日、第5子となるメリーアンちゃん(Mary-Anne)を出産した。

コレットさんは「水中出産だったので、メリーアンは小さなプールの中で生まれました。体重は2891グラムで、病院では何もかもが順調でした。ただ帰宅後は寝てばかりで食欲がなく、生後2日目には便が出なくなりました。助産師には『きっとのんびり屋さんなのよ』と言われましたが、私は『何かがおかしい』と感じていたのです」と当時を振り返る。

そんな嫌な予感が的中し、メリーアンちゃんは誕生から1週間後に激しく嘔吐。嘔吐物には緑の液体が混じっていた。

緑の嘔吐物など見たことがなかったコレットさんは慌てて娘を抱くと、ノッティンガムにある大病院「クイーンズ・メディカルセンター」の救急治療室へと車を走らせた。

コロナ禍の病院ではあったもののスタッフの対応は早く、メリーアンちゃんにはすぐに造影剤を使った検査が行われた。医師らは小腸の先天奇形である「腸回転異常症」を疑っていたのだった。

専門家によると、胎児期には長い腸管をお腹に上手く収めるために小腸と大腸が一度外に飛び出し、そのあと再びお腹に戻ってくるという。そしてこの戻る過程で異常が発生し、腸が正常な位置に移動しないことで「腸回転異常症」を発症する。

「メリーアンちゃんは腸がねじれており、腸への血流が遮断されている可能性が高い。すぐに手術が必要だが、成功は保障できない」とコレットさんは告げられたそうで、「泣きたい気持ちを抑え、夫ピート(40)とただひたすら祈るしかなかった」と当時の気持ちを吐露している。

こうして病院到着から14時間後、メリーアンちゃんの手術が開始された。手術は約5時間半に及んだが、スタッフの迅速な対応がメリーアンちゃんの命を救った。

実はメリーアンちゃんの嘔吐物が緑色だったのは胆汁が混じっていたからで、胎児期に腸管が十分に回転せず、腸の位置に異常があったという。また腸内には大量の便が溜まっており、酷い便秘を起こしていた。

医師は十二指腸を圧迫していた膜を切り離すLadd手術を行い、腸を正常な位置に戻した。また通常とは反対の位置にあった盲腸を摘出し、奇形だった結腸を再形成した。

コレットさんは「手術直後の娘は食事ができませんでしたが、昨年のクリスマスを過ぎた頃から少しずつ体重が増え始め、生後7か月を過ぎて体重は7キロを超えました。医師には『腸閉塞などになる可能性が高いので、今後も注意深い観察や手術が必要』と言われていますが、娘が薬を飲まなくなって120日以上が過ぎました。心配は尽きませんが、今後は『どんなことも可能』と信じて子育てをしていくつもりです」と語り、最後にこのように注意喚起した。

「腸回転異常症は新生児に多いと言われます。赤ちゃんの緑色の嘔吐物を見たら要注意。素早い対応が必要です。そしてこの病気について、多くの人に知ってもらえたら嬉しいですね。」

画像は『Mirror 2021年4月26日付「Green vomit led to baby girl’s rare diagnosis and life-saving emergency surgery」(Image: Colette Kirby)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

関連リンク

  • 4/28 5:00
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • いち(

    5/2 18:26

    緑色の液体吐き出したら赤ちゃんじゃなくてもこれはヤバいかも?て思うわ。

  • 緑色は驚くけど、胆汁なんだよね。手術後の知り合いが緑色吐いて焦ったら病院側は割と落ち着いてて。

記事の無断転載を禁じます