「声聞きたいなぁ…!」意中の彼と【LINE電話をする口実】とは

片思い中の彼とのLINEは、ドキドキしながらも楽しくて仕方がありませんよね。
しかし、長く続けるうちに、「彼の声が聞きたいなあ……」と欲が出てきてしまいます。

今回は、意中の彼とLINE電話をする口実を4つまとめてみました!

(1)「話長くなりそうだからLINE電話しよう!」



1つの話題で盛り上がっている時や、今から長話をしたい時は、LINE電話の口実が作りやすいです。
「話が長くなりそうだからLINE電話をしよう!」と、文字より手軽であることをアピールすれば、男性も受け入れてくれます。

いやらしさがない一番ポピュラーな誘い方でしょう。

(2)「私メールより電話派なんだ!」



LINEの最初に、「私メールより電話派なんだ!」と電話派であることを先に宣言する方法もあります。
そうすれば、お互いが手軽に電話をかけてきやすいです。

ただし、相手がメール派もしくはLINE電話が苦手だった場合、関係が薄れる危険性があります。
そのため、最初に聞いてみて反応を伺うのがおすすめです。

(3)「ごめん間違えて電話かけちゃった!」



わざと着信を残して、折り電を待つ方法もあります。
電話がかかってきたら、「ごめん間違えてかけちゃった!」と謝りつつ、そのまま通話を始められますよ。

ただし、少しあざとい方法なので、下手すると相手に感づかれる危険性があるので注意しましょう。

(4)「〇〇くんの声が聞きたい」



意中の彼に自分の気持ちを気付いてもらいたい女性は、もう少し大胆な誘い方をしてもいいでしょう。
LINEで「〇〇くんの声が聞きたい」と、ストレートに伝えることで、彼もすんなり受け入れます。

女性からの頼みごとはなかなか断れないものなので、ストレートに伝えるのもありです。


LINE電話は、普通のLINEと比べて難易度が高いと思われがちですが、実際はそうでもありません。
関係を進展させたい人は、ぜひLINE電話を積極的に取り入れましょう!

(恋愛jp編集部)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 4/27 21:35
  • 恋愛jp

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます