木下優樹菜、友人との“バーベキュー報告”で大炎上! 「緊急事態宣言の意味わかってる?」「モラルゼロ」と批判相次ぐ

拡大画像を見る

 4月25日、元タレントの木下優樹菜が、自身のインスタグラムに友人らとバーベキューを楽しんでいる姿を投稿。ネットユーザーから「緊急事態宣言の意味わかってる?」「こういう人たちがいるから感染拡大が起きる」と批判が続出し、コメント欄が大炎上している。

「25日、木下は24時間で自動削除される“ストーリーズ機能”を使って、『BBQ Dayyyyy #木下組』と記しながら、車で出かけている動画を投稿。ほかにも、『海鮮うま』『焼きたてんまぁぁ』というコメントをつけ、食事を楽しむ様子や、ほろ酔い姿でピースしている写真などをアップしていました。翌26日にも『美味しすぎて、みんなに飲まされて酔 幸 目が覚めた』という文章とともに、マスクをしていない自身の写真を投稿しており、コメント欄は『みんな我慢してるのに何考えてんの?』『モラルゼロ』『本当に信じられない。医療従事者としても許せない』などと、批判であふれ返っています」(芸能ライター)

 というのも25日は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、東京・大阪・京都・兵庫の4都府県に緊急事態宣言が発令されたタイミング。そのため、ネットユーザーからは「医療従事者や感染予防対策を頑張っている人たちの行動をムダにする気か!」「こういう非常識な人がいるから、いつまでたってもコロナが収束しない」と怒りの声も噴出している。

「26日には、『森本家と小林家と…幸せなBBQ』とのコメントとともに写真を投稿しており、どうやら友人家族と一緒にバーベキューを楽しんだようです。緊急事態宣言が発令されたあとの写真なのかは不明ですが、以前から政府が感染リスクの高い大勢での飲食を控えるよう呼びかけているにもかかわらず、家族以外の複数人と食事を楽しんでいたことは明らか。不要不急の外出を控え、真面目に自粛している人たちからは『仮にも影響力のある元芸能人が、この時期に大勢での飲食をアピールするなんてあり得ない!』『タイミング最悪だろ』『これで感染しても自業自得。医療現場はギリギリの状態なのに……』と呆れる声も多く上がっています」(同)

 3度目となる緊急事態宣言によって、対象地域の大型商業施設や映画館などは休業。不要不急の外出自粛が求められているこの状況下において、今回の木下の投稿はあまりにも無神経ではないだろうか。

  • 4/27 18:43
  • サイゾーウーマン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます