「はしる」は間違い!「驕る」の正しい読み方は?【読めそうで読めない漢字クイズVol.27】

拡大画像を見る

第27回は「驕る」です。


■「驕る」の正しい読み方は?


漢字「驕」。音読みで「キョウ」、訓読みで「つよ」「さか」などと読みますが、「驕る」は何と読むのでしょうか?

小学館のデジタル大辞泉によると、「驕る」は、


地位・権力・財産・才能などを誇って、思い上がった振る舞いをする。


■正解は……?


「おごる」と読みます!

例えば、

「敗者を横目に、勝利に驕る
「彼女はまだ未熟な部分が多いが、素直で驕った部分のない人だ」

などと使います。

今回は、読めそうで読めない漢字「驕る」をご紹介しました!

スマホやパソコンの普及で、書けなくても読めればなんとかなる時代ですが、いざという時に読めないと恥ずかしい思いをすることも……。ぜひこの機会に覚えて使ってみてくださいね!

(渋谷区OLちゃん)

関連リンク

  • 4/27 11:00
  • LAURIER PRESS(ローリエプレス)

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます