伊藤万理華主演映画『サマーフィルムにのって』、予告編&ポスタービジュアル解禁+公開日決定!

伊藤万理華が主演を務める映画『サマーフィルムにのって』が、予告編、ポスタービジュアルを解禁。あわせて、公開日を2021年8月6日(金)に決定した。

同作は、<第33回東京国際映画祭>で特別招待作品として上映され、“今年1番の大当たり”、“映画ファンが愛すべき映画”、“超爽快で奇跡的なラスト”など絶賛の声が寄せられた話題作。

主役の女子高生監督ハダシ役には2017年に乃木坂46を卒業し、現在は映画をはじめドラマや舞台など活躍の場を広げ女優として開花しつつある伊藤万理華。

未来から来た少年凛太郎役には『腐女子、うっかりゲイに告る。』でNHK初主演を果たした金子大地。ハダシの仲良しトリオであるビート板とブルーハワイ役にはそれぞれ河合優実、祷キララと、今後の活躍が期待される実力派若手女優が揃っている。

監督はドラマやCM、MVなど幅広く手掛ける松本壮史が務め、数々の映像作品を共に作り上げてきた盟友である劇団『ロロ』主宰・三浦直之が脚本を担当。

今回解禁となった本予告映像は、“私たちで映画つくろう”というハダシの掛け声からスタート。“映画部のど腐れ⻘春キラキラムービーなんか葬り去るくらいの傑作時代劇をつくろう!”と“打倒ラブコメ”を意気込む時代劇オタクのハダシが、最強最高メンバーを集めようと奮闘し、個性溢れる面々たちによって、それぞれの魅力を活かしたハダシ組を結成。

高校最後の夏休み、試行錯誤しながらも初めての映画づくりに取り組むハダシ組のかけがえのない⻘春の1コマ1コマが、活き活きとした表情とともに描かれる。

しかし、ハダシ組が映画完成に向けて1つになったと思った矢先、実は凛太郎がタイムトラベラーであることが発覚。時にぶつかりながらも励まし合い、二度と戻らないこの夏を全力で駆け抜けるハダシたちの姿に感動的なラストを想起させる予告となっている。

また、主題歌を担当するのはCody・Lee(李)。夏を感じさせる爽快なポップサウンドとエモーショナルな歌詞が響く1曲となっている。

あわせて解禁となったポスタービジュアルは、主人公ハダシを含む仲良し女子3人組が屋上で思い切り叫ぶ瞬間が切り取られ、疾走感溢れる仕上がりに。

彼女たちの映画づくりを想起させる“私たちの、⻘春は傑作だ。”というキャッチコピーが、高校最後の夏という一生に一度のかけがえのない時間が彼女たちにとって煌めく瞬間であることを示唆している。

映画『サマーフィルムにのって』
2021年8月6日(金)より新宿武蔵野館、渋谷ホワイトシネクイントほか全国ロードショー
伊藤万理華 金子大地 河合優実 祷キララ 
板橋駿谷 甲田まひる ゆうたろう 小日向星一 池田永吉 篠田諒
監督:松本壮史 脚本:三浦直之(ロロ)、松本壮史
製作:サマーフィルムにのって製作委員会
配給:ファントム・フィルム
制作プロダクション:パイプライン

ストーリー
はじめての映画づくり、はじめての恋。この夏の行方は――?
勝新を敬愛する高校3年生のハダシ。キラキラ恋愛映画ばかりの映画部では、撮りたい時代劇を作れずにくすぶっていた。そんなある日、彼女の前に現れたのは武士役にぴったりな凛太郎。すぐさま個性豊かな仲間を集め出したハダシは、それぞれの魅力を活かし文化祭での上映を目指すことに。“打倒ラブコメ”を掲げ走り出した18歳の夏、ハダシは知らぬ間に凛太郎へほのかな恋心を抱き始めるが、彼には未来からやってきたタイムトラベラーだという秘密があった――。

関連リンク

映画公式サイト映画公式Twitter

©サマーフィルムにのって製作委員会

画像をもっと見る

関連リンク

  • 4/27 19:26
  • Pop’n’Roll

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます