横浜流星「着飾る恋には理由があって」のお姫様抱っこにファンが“キュン死”

拡大画像を見る

 女優・川口春奈が主演を務めるドラマ「着飾る恋には理由があって」(TBS系)が4月20日にスタート。世帯平均視聴率9.1%と2ケタ発進とはならなかったが「#着飾る恋には理由があって」がツイッターの世界トレンド1位に躍り出るなど初回から話題を呼んでいる。

「このドラマは、価値観の異なる人達が一つ屋根の下で恋を繰り広げるラブストーリー。第1話は、人気のインフルエンサーでもあるヒロイン・真柴くるみ(川口)がマンションの契約更新を忘れてしまい、表参道の一等地に立つ豪華マンションをルームシェアするところから始まりました」(女性誌記者)

 女性視聴者の注目を集めたのは、豪華マンションをルームシェアするメンバーの一人、人気俳優・横浜流星が演じるキッチンカー「Fuji Bal」の店主の藤野駿。彼はシンプルな生活を追求する超マイペースなミニマリスト男子。巧みな調理の腕前はもちろん、シェアハウスで再会したくるみに「そんなに見つめられても。正面から見たら驚いちゃったのかな~。あまりにも男前だから」とおどけてみせる陽気で口数の多い三枚目キャラに、ファンも「コミカルな流星くん新鮮!」「こういう明るい役好き」「藤野駿、横浜流星史上最高かもしれない!」など、激賞コメントが多数書き込まれている。

「放送前のインタビューで横浜自身も『今までやったことのない、とてつもなく明るくて、自由人で、独特でつかめないような男なんですけど、魅力的に作っていけたらなと思っています』と意気込みを語っています」(テレビ誌記者)

 そんな横浜演じる駿の胸キュンシーンが、こちらだ。

「落ち込んでいるくるみのために、キッチンに立ってカレーを作る駿。ポロポロと涙を流しながら『美味しい』とつぶやくくるみがソファで眠ってしまうと、駿はくるみをお姫様抱っこして部屋まで運んだのです。ネット上には『いきなりお姫様抱っこはずるい』『お姫様抱っこ堪らんかったですぅ』『いや~たまらん。お姫様抱っこ』といったキュンキュンコメントが殺到しました」(前出・女性誌記者)

 さらなる横浜の胸キュンシーンに期待は高まるばかりだ。

(窪田史朗)

関連リンク

  • 4/27 18:14
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます