石原さとみ「うん、行く」「お食べ」友人・スタッフ・一般人に神対応!無敵コミュ力

拡大画像を見る

 4月21日の『笑ってコラえて!』(日本テレビ系)で、石原さとみ(34)が参加した2016年の『ダーツの旅』が再び放送された。当時、石原がダーツを投げて向かったのは新潟県佐渡市。道中石原は、見かけた村人たちへ自ら次々に話しかけていった。

 ある民家の庭先に男性を発見した石原は、物怖じすることなく「こんにちは!」「何となく私、分かりますか?」とあいさつ。男性が民放を見ていないので「分からない」と言うと、「NHKだけ?」「『てるてる家族』っていう、その主人公なんです」「冬子をやってます」と自分が出ていた連続テレビ小説のタイトルをアピールした。これで男性も石原が誰だかわかったようで、「分かりました。会えて良かった」と大喜びし、メロンに似たくだものを石原にプレゼントした。

 石原は「コレ食べたいです。包丁がないんです」「食べたいです、今」と、かわいくおねだり。男性が「包丁ないのか」「じゃあ、こっち来て」と家に招くと、石原は「うん、行く」とどんどん家に入っていき、台所を借りてくだものを手際よく切り分けていった。家にも懐にもぐいぐい入ってくる石原に、男性は「気さくだなぁ、この人なぁ」とニコニコ。石原はさっそくかぶりつき「おいしい!」「こんなに歯ごたえするメロンもなかなかない」と感想を漏らした。

 これに男性が「メロンじゃねぇんだよ、マクワウリってウリの種類」と説明すると、石原は「これウリ!?」「すごい甘いです、これ」「メロンじゃないんだ……」「どう考えてもメロンの味ですけどね」と驚いていた。さらに石原は、切り分けたウリをスタッフたちにも「お食べ」と配り、「これはメロンじゃないよ、みんな!」「メロンじゃないんです」と熱弁していた。

■石原は友達にも神対応

 その後も、道中で会った若い母親と幼い娘たちとも盛り上がり、自らスマホを持って記念撮影するなど、一般の人にもスタッフにもわけへだてなく接する石原の姿に、視聴者からは「あんなにお美しいのに、めちゃくちゃ気さく」「石原さとみコミュ力バカ高いな」「自分のことをそんなに認知してなさそうな相手に対してスルッと懐へ入っていける高いコミュ力」「神対応すぎる」「かわいくてこんな気さくにされたら恋しない男の人なんて日本にはいない」「あの人当たりの良さ見習いたい」「石原さとみかわいすぎて恋した」「すごくキュートで素敵な女性だな」など、称賛の声が続いた。

 ロケでの神対応ぶりが話題になった石原だが、2017年放送の『PON!』(日本テレビ系)に出演した石原に、丸山礼(24)が石原に関する神対応の“噂”を直撃。

 ロケ中に雨が降ると石原は渡された傘を周囲のスタッフに次々配ってしまう、バレンタインデーに初共演する芸人にお菓子をプレゼントしたなどの噂を石原に確認したところ、傘の話には「分からない」と笑っていたが、バレンタインデーに共演者たちにプレゼントしていることは事実だと語っていた。

 また、2019年に『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)に出演した際は、石原の友人から、勝手に冷蔵庫を開けたり、お風呂を使っても「許してくれる」という情報が寄せられた。

 石原は、仕事で海外に行っている間も友達を家に泊まらせてくれ、家には友人用のパジャマ、アメニティ、寝具、食料まで用意されているといい、櫻井翔(39)と有吉弘行(46)を驚かせた。

 売れっ子女優なのに神対応がすぎる!?

関連リンク

  • 4/27 16:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます