L・ディカプリオ、アカデミー賞国際長編映画賞『アナザーラウンド』リメイク版の主演に意欲

拡大画像を見る

25日(現地時間)に開催されたアカデミー賞で、国際長編映画賞を受賞したデンマーク映画『アナザーラウンド』。すでにレオナルド・ディカプリオの製作会社「アッピアン・ウェイ」がハリウッドでの英語リメイク権を獲得しており、ディカプリオはマッツ・ミケルセンが演じた主人公を演じることにも興味を持っているという。「Variety」誌が伝えた。

昨年から様々な映画祭や映画賞で高い評価を受けている同作。リメイク権をめぐって争奪戦となり、ディカプリオのほかジェイク・ギレンホールやエリザベス・バンクスの製作会社も参戦していたと報じられている。

ハリウッド版『アナザーラウンド』には、オリジナル版を監督、脚本を共同執筆したトマス・ヴィンターベアが製作総指揮として参加する。プロデューサー陣も続投。

『アナザーラウンド』のストーリーは、血中アルコール濃度を一定に保つと創造力が生まれ、日々の生活も潤うという理論を証明するために、マッツ演じる主人公の教師が3人の同僚とともに実験を行うというもの。

デンマークの飲酒文化をテーマとし、祝福した作品であるゆえに、オリジナル版のファンは「あえて英語でリメイクする必要がない」と不満顔。また、元ダンサーのマッツが劇中で見せているキレキレのダンスを「ディカプリオが踊れるのか?」という疑問の声も上がっている。

(Hiromi Kaku)


■関連作品:
アナザーラウンド 2021年9月3日より新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷シネクイントほか全国にて公開
©2020 Zentropa Entertainments3 ApS, Zentropa Sweden AB, Topkapi Films B.V. & Zentropa Netherlands B.V.

関連リンク

  • 4/27 13:05
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます