紅白出演の人気音楽ユニット男性メンバーXに薬物疑惑が浮上!メンバーと一時険悪に…

拡大画像を見る

 大手芸能事務所に所属している人気音楽ユニットのメンバーXに、違法薬物である大麻吸引の噂が飛んでいる。

 このグループは結成して10年以上経つベテランで、高いパフォーマンス能力から若い男女を中心に抜群の人気を誇り、ヒット曲を連発してNHKの紅白に出場した経歴もある。パフォーマンスだけではなく楽曲に対する評価も高く、受賞歴もあるほど。人気最盛期には多くのバラエティ番組などにも出演し、CMなどにも多数出演していたのだが、そのメンバーXにまつわる大麻吸引の噂とは一体どんなものなのか。

「このグループはメンバーが不祥事などを起こすと入れ替えて、高いパフォーマンスを維持していることで有名です。最近はメンバーのXに、大麻吸引の噂が現場スタッフなどから聞こえてきます」(女性誌記者)

 Xは現在ソロ活動をメインにしているが、その背後には様々な事情があったと記者は話す。

「Xは元々メンバーのなかでは浮いていた存在で、収録中に抜け出して時間までに戻らないことが何度も重なり、他のメンバーとは一時険悪な仲になりました。しかも、長い休憩から戻ってきたら呂律が回らず、口調などテンションがおかしくなるようなことがしばらく続いていたのです。

 一度はグループ脱退をメンバーから言われたのですが、Xは結成当時からのメンバーで、脱退することでファン離れなどのデメリットのほうが大きいということで、所属プロダクションが間に入って脱退には至りませんでしたが、不協和音はずっと続いています」(前出女性誌記者)

 Xの大麻吸引歴が事実なのであれば、その交友関係から巻き込まれる音楽関係者や芸能関係者も多く含まれるとも噂されている。また、X自身が音楽関係とも違う業種に手を出しているために、その方面も徹底的に追及されるだろうということだ。

 一説に、Xの大麻の供給元は既に摘発されていて、そこからXにつながるメモなども押収されているという噂もある。

「SNSを中心に手広く大麻を供給していたグループの一人とXが同級生で、そこからも大麻を買っていたという噂が流れました」(前出女性誌記者)

 メンバーや業界関係者だけでなく、すでに捜査関係者も大麻吸引や売買の形跡をつかんでいるという噂が事実であれば、今後摘発される可能性が高いタレントの一人であると断言できるであろう。

  • 4/26 8:00
  • TOCANA

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

9

記事の無断転載を禁じます