マリエは打ち止め?出川哲朗番組、実は「高値安定」!嵐は過ぎ去った!?

拡大画像を見る

 4月4日、モデルでタレントのマリエ(33)がインスタグラムでライブ配信を行い、15年前の18歳当時、島田紳助氏(65)に枕営業を強要されたと告発。その場には出川哲朗(57)も同席しており、「いいじゃん、マリエちゃんやりなよ」と煽っていたとも暴露され、大きな騒動に発展している。

 マリエはライブ配信で「出川さんがテレビに出てるのも大嫌いだし、出川さんがCMに出てるのもマジで許せない」と名指しで批判を展開。

 これを受けて4月9日、出川の所属事務所は一連の疑惑を強く否定するコメントを発表したものの、その後、マリエはインスタに「私は嘘をつきません」と投稿して反論。さらに4月24日にはマリエがトークイベントに出演するとあって、イベントでどんな発言が飛び出すのかにも注目が集まったが、結局、マリエが騒動について触れることはなかった。

 今回の告発で最もダメージを受けているのが、枕営業を要求したとされる紳助氏ではなく、今や好感度抜群の人気タレントとして引っ張りだこの出川だろう。

 一部では出川がレギュラー出演する『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)の視聴率が落ちてきており、出川が番組降板の危機に直面していると報じるメディアもある。

 しかし、制作会社関係者は、

「全然そんなことありませんよ。『イッテQ!』も出川さんの冠番組も、前と変わらず好調をキープしていますからね」

 と話す。

■『ポツンと』に『イッテQ!』が“敗北”!?

 一部メディアでは、『イッテQ!』は裏番組の『ポツンと一軒家』(テレビ朝日系)に世帯視聴率では負けているものの、スポンサーが重要視する個人視聴率では負けることがなかった。しかし、4月18日の放送では個人視聴率でも『ポツンと』に負けてしまった、と報じている。

「4月18日の『イッテQ!』の世帯視聴率は12.5%(すべてビデオリサーチ調べ、関東地区)、個人視聴率が8.9%でした。一方、『ポツンと』は世帯16.7%、個人9.4%。たしかにこの数字だけ見れば、『イッテQ!』が負けていると言えます。ただ、『イッテQ!』は以前から『ポツンと』に世帯でも、さらに個人でも負けることはありました。

 しかし、13~49歳の“コア層”の個人視聴率(コア視聴率)では『イッテQ!』が『ポツンと』に圧勝し続けています。この日の放送も『イッテQ!』のコア視聴率は9.8%、『ポツンと』は2.7%でした。テレビ局、そしてスポンサーが最重要視しているコア視聴率では『イッテQ!』が7%も上回っているんです。

 今、テレビ各局は、極端に言うとコア視聴率しか見ていません。つまり、世帯でも全体の個人視聴率でも『ポツンと』に負けていても、コア視聴率で圧倒的に勝っている状況は以前と変わりないので、数字的に見ればほぼダメージはないと言えます」(前出の制作会社関係者)

■冠番組『出川の充電』も堅調

 出川の冠番組『出川哲朗の充電させてもらえませんか?』(テレビ東京系)を見てみても、4月24日の世帯視聴率は8.0%、個人視聴率は4.7%、コア視聴率2.8%を記録している。

 同時間帯の番組では嵐の相葉雅紀(38)がMCを務める『I LOVE みんなのどうぶつ園』(日本テレビ系)が世帯9.4%、個人5.6%、コア4.1%だった。また、『炎の体育会系TV』(TBS系)は2時間SPだったが、世帯6.8%、個人4.0%、コア3.3%という数字だ。

「『出川の充電』は世帯と個人では『炎の体育会TV』を上回っているんです。また、『みんなのどうぶつ園』ともそれほど数字は変わらない。天下の嵐・相葉さんの、それも視聴率3冠王の王者・日テレの番組と、番組予算が驚くほど少ない『出川の充電』が対等に戦えているんです」(前出の制作会社関係者)

 4月25日16時からは、テレビ東京系で特番『出川&飯尾のどん底さん家にお邪魔します。』が放送された。

 出川と飯尾和樹(52)がさまざまな悩みを抱える通称「どん底さん」のお悩みを解決するという番組で、プロ野球界のレジエンド・清原和博(53)や『東京タラレバ娘』などの作者・東村アキコ氏(45)なども出演した。

「同番組の世帯視聴率は3.3%、個人視聴率1.7%で、決して良くはないですが、及第点といったところではないでしょうか。日曜の夕方4時ですから数字が厳しく求められる時間帯でもありませんしね。数字の面だけで言うと、出川さんの人気は落ちていないと言えそうです。マリエさんの告発の影響は、現状は出ていないですね」(前同)

 マリエの告発で芸能人生の危機を迎えるとも言われた出川だが、マリエの“第2砲”も出ない今、その逆風はすでに吹き止んでいるのかもしれない。

関連リンク

  • 4/27 7:05
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます