CO2センサー搭載で「密」を知らせる空気清浄機、「BA-300(Co2)」発売

拡大画像を見る

 グリーンコアテックは、CO2センサー搭載の空気清浄機「BA-300(Co2)」の販売を5月に開始する。

 新製品は、業務用静電気フィルタ技術を採用し、CO2センサーに自動校正機能付のNDIR方式を採用している。同社の空気清浄機の強みである、「ウイルス除去と抑制」「洗えるフィルタ」「コンパクトサイズ」に加え、新たな機能として二酸化炭素濃度を3色のLEDインジケーターで表し、視覚的に換気時期を知らせる。また、CO2が設定濃度を超えるとアラーム音を出して換気を促し、風量を自動調整する機能も付いている。
 静電気フィルタは、洗うことができ、油煙によって詰まり難いため、飲食店でも安心して使うことが可能。また、スリムタワー形状のコンパクトサイズで、場所を取らずに設置できる。
 価格は6万9800円。主に業務用は代理店から販売し、一般向けにはAmazonなどからも販売する。

関連リンク

  • 4/27 6:30
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます