上司から与えられる、“無償の愛”。24歳OLの人生が狂い始めた夜の出来事

東京の平凡な女は、夢見ている。

誰かが、自分の隠された才能を見抜き、抜擢してくれる。

誰かが、自分の価値に気がついて、贅沢をさせてくれる。

でも考えてみよう。

どうして男は、あえて「彼女」を選んだのだろう?

やがて男の闇に、女の人生はじわじわと侵食されていく。

欲にまみれた男の闇に、ご用心。

◆これまでのあらすじ

埼玉で地味な日々を送っていた秋帆は、ひょんなことからwebの広告代理店に採用される。社長の黒川にデパートに連れていかれ、大量のプレゼントをもらうが…?

▶前回:出会って3分、IT社長に見初められた地味女。彼に与えられた「衝撃の仕事」


― なんて気持ちが良いんだろう…。

広々としたバスタブで、秋帆はつい眠ってしまいそうになった。首を振って意識を取り戻す。

ミストサウナ付きの浴室なんて初めてだった。どんなものだろうとスイッチを入れてみると、まるでエステのような気持ち良さ。すっかり虜になってしまい、かれこれ1時間以上もお風呂に入っている。

サウナの合間に、すでに浴室に用意されていたジョンマスターオーガニックのボディソープで身体を洗う。

さわやかな香りがバスルームいっぱいに広がった。

― ちょっと浸りすぎちゃったかな…。

1時間以上も入っていると、さすがに頭がぼんやりしてきた。鏡を見ると、顔もかなり上気している。

浴室から出た秋帆は着替えると、ぼんやりした頭を夜風で冷やそうと、窓を開けてバルコニーに出る。

「わぁ…。なんて綺麗なんだろう」

思わず感嘆の声が漏れてしまう。視界いっぱいに、吸い込まれそうなほど美しい夜景が広がる。

時間も忘れてうっとりと見つめていた秋帆だが、「そうだ」と、あることを思いつく。

― 久しぶりにインスタにでもアップしようかな。

ここ半年は、アップするほどの出来事もなかったので更新していなかった。

だが今、こんなにも”映える”景色を前に、投稿しないわけにはいかない。秋帆はパシャパシャと夜景を写真に収めた。

― ついでに、黒川社長が連れて行ってくれた鉄板焼きも載せちゃお。

”自宅マンションからの夜景!きれいでずっと眺めちゃった”

”歓迎会で、銀座!アワビもお肉も超美味しかった”

こんなコメントをつけて、何の気なしにアップしたのだった。

遡ること半日。黒川と買い物を終えた秋帆に起こった予想外の出来事とは?

超リッチな社員寮


遡ること、半日。秋帆は、与えられた“社員寮”に、初めて足を踏み入れた。

「こちらでよろしいですか?」

タクシーがゆっくりと減速したのと同時、運転手が声をかけた。

「え?」

窓の外に目をやった秋帆は、立派なマンションのエントランスに言葉を失う。慌てて業務用のスマホを確認すると、黒川から新たなメッセージが届いていた。

『黒川隆:部屋の鍵はコンシェルジュに預かってもらっています。話はしてあるので、後から送る番号に電話して、鍵を受け取ってください』

― コンシェルジュ…?

秋帆の頭は混乱する。マンションにコンシェルジュとは、一体どういうことだろう。ここはホテルなのだろうか。

そんなことを考えていると、運転手が、「メーターを止めても良いでしょうか?」と、おずおずと尋ねてきた。

「あっ、ごめんなさい…。ここで良いです」

タクシー代の2,500円を取り出そうとすると、運転手は「タクシーチケットで頂いてますから」と、制止した。

秋帆は、この世にはタクシーチケットなるものがあり、事前に支払いができると知る。

「それより、お荷物どうしましょうか…」

運転手が、トランクと後部座席を指差す。

黒川に買ってもらった大量の買い物袋は、一人で運び出せる量ではない。

「ちょっと待っててください…!」

台車を借りるなりしないと。秋帆は、小走りでマンションへと飛び出した。


「この部屋が、社員寮…?」

つい本音がこぼれ出た。エントランスや外観にも驚いたが、部屋に足を踏み入れてその驚きは増した。

いわゆる1LDKなのだが、とにかく広い。

正直なところ、会社の“寮”というもの自体にあまり期待していなかった。大企業でさえも郊外にあると聞いていたから、まさかこんな都心の高級マンションが与えられるとは。

大きな窓から、眩しいくらいの光が差し込む。その開放感に、秋帆は再び言葉を失った。

リビングには、座り心地抜群のソファやおしゃれなローテーブルが置かれている。

ダイニングテーブルは、4人分のチェアが用意されていて、中央にはセンス良くフラワーアレンジメントが飾られているのだ。

キッチンにも、一通りの調理器具や食器、ワイングラスも置かれている。

うっとりと部屋の中を眺めていた秋帆が、ふと壁にかけられた時計に目をやると、時刻は15時。

「やばい!会社に戻らなくちゃ」

黒川からも、買い物袋を置いたら会社に戻るよう言われている。秋帆は慌てて家を出た。

「行ってらっしゃいませ」

恭しく頭を下げたコンシェルジュに軽く会釈し、秋帆はスマホを取り出して地図アプリを起動させる。

「ちかっ…」

ぐるりと見回すと、確かに見覚えのある風景だった。会社までは、たったの100メートル。このマンションは、通りを2回曲がっただけのところだったのだ。

秋帆は急ぎ足でオフィスへと戻った。



「新居はどうだった?気に入ってくれたかな」

息を切らせながらオフィスに戻ると、黒川が声をかけてきた。

― 黒川社長、すでに戻っていたなんて…。

マンションの美しさに気を取られてのんびりし過ぎたと、秋帆は焦る。

「す、すみません…!」

初日からやらかしてしまった。秋帆が何度も頭を下げて謝罪すると、黒川は予想外のことを口にした。

「白田さん、足が速いんだね」

「…?」

秋帆は何を言われているのか分からず、首を傾げた。

「だって、家からここまで走って来たんだろう?近いとはいえ、2分で到着するとは驚いたよ。

仕事はマイペースにやってくれれば良い。必要な時には、僕から適宜、”確認”させてもらうからね」

たしかに、マンションからオフィスまで、ヒールやスカートを履いていることも忘れて暴走してきた。まさかその姿を見られていたのだろうか。

「お見苦しいところ、失礼しました…」

秋帆の言葉に、黒川は「お見苦しいところ?」と聞き返したが、すぐに話題を変えた。

「そうだ。この後、ささやかだけど歓迎会をしたいんだ。よろしく」

そう言い残して、黒川は立ち去ってしまった。

秋帆を採用した黒川。彼の思惑とは一体…?

マイドール


社長室に戻った黒川は、iPadを眺めてニヤリとほほ笑んだ。

画面には、秋帆の位置情報が履歴とともに映し出されている。

彼女に渡した”業務用スマホ”は、行動をすべて監視できるように設定してあるのだ。

”業務上必要”ならば、プライバシーの侵害には当たらない。社員寮を与えたのも同じ理由だった。

”コンコン”

窓の外に見える秋帆のマンションを眺めていると、誰かがドアをノックしたのが聞こえた。

“コンコン”

「どうぞ」と言いながら、黒川は履歴書を裏返した。人事部長がヘラヘラとした様子で入ってくる。

「白田さん、やけに嬉しそうに帰ってきましたけど。どうしたんですか?」

「さぁ。なにかいいことでもあったんじゃないか」

黒川がそっけなくいうと、彼は「へえ」と、笑った後、用件を告げた。

「“彼女”の手続きは、特に問題なく終わりました。手切金も渡しましたし、問題を起こすようなことはないでしょう」

「ありがとう。君には感謝しかないよ」

黒川は頷きながら、指で数字の8を示す。これは、良くやってくれた社員に黒川が出す合図だ。

来月は、給与とは別に特別賞与の80万を与えるという意味だ。

その貢献度に応じて、1〜10、つまり10万〜100万までのあいだで報いている。

頭を下げた人事部長は「どこまでも黒川社長について行きますよ。地獄の果てまでも。ハハハ」と笑った。

「これからもよろしくな」



その夜。

秋帆は黒川とともに、銀座の鉄板焼きを訪れていた。これまでの人生で銀座に来たのはほんの数回。それなのに、今日一日だけで2回も来るなんて。

数寄屋橋交差点にほど近い、外堀通りに面した雑居ビル。

「今日は、特別に個室を用意したから」

黒川に促されて個室に入ると、カウンター席に半月盆が2つ用意されている。

「いらっしゃいませ。今日はどうぞよろしくお願いいたします」

なめらかな鉄板の前で頭を下げたシェフが微笑んだ。

― こんな世界もあるんだ…。

秋帆は、少々面食らってしまう。

「お祝いだからね、なんでも好きなものをオーダーするといい」

「そ、そんな、こんな素敵なお店に連れてきていただいて恐縮です…。仕事中ですので、社長がお好きなものを召し上がってください」

すると黒川は、大笑いした。

「白田さんは本当に“真面目”だな。そういうところが、良いと思ったんだよ。

僕の目に間違いはなかったよ」


「わ、なにこれ」

翌朝。目を覚ました秋帆は、スマホの画面を見て驚いた。ホーム画面に大量の通知が届いている。

昨晩アップした、鉄板焼きと夜景の写真は、思わぬ反響を呼んだらしい。

“ここ、大物政治家とかスポーツ選手も来る有名店だよね?すごい!”

“秋帆、すごいところに住んでるね!今度遊びに行かせて!”

興奮した友人のコメントが、ずらりと並んでいる。

”すごい”

どのコメントにも付けられたこの表現。

「すごいのは、黒川社長。別に私は…」

最初はそう思っていた。だが、ここ最近の出来事や黒川の言葉を思い出してみると、新たな感情が芽生え始めた。

面接初っ端から、社長である黒川に”君、いいね”と言わしめて、内定を即決させた。

「僕が見抜いた才能だから」と、未経験なのに秘書に抜擢された。

こんなこと、なかなか起こることではない。普通の人間には。

黒川は、web広告の世界ではそれなりに有名な人物。地位も財力もある。そんな彼に見初められたのだ。

― 私には、もしかして特別な何かがあるの…?

秋帆は、生まれて初めての感覚に戸惑いを隠せなかった。


▶前回:出会って3分、IT社長に見初められた地味女。彼に与えられた「最初の仕事」

▶︎Next:5月4日 火曜更新予定
黒川からの寵愛にはまっていく秋帆。すると、ある人物から連絡が…?

画像をもっと見る

関連リンク

  • 4/27 5:07
  • 東京カレンダー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます