生理的に無理ぃ〜! 義実家と距離を置こうと思った瞬間Vol. 2

夫はまともなのにどうして? 義実家のとんでもない習慣に驚いた方もいらっしゃるのではないでしょうか。義実家で体験した生理的に無理なエピソードをお届けします。

お風呂に入るときに…

・「義実家へ泊まりに行ったときのこと。なんとバスタオルが1枚しかないって言うんです。義両親と私たち一家3人、義弟一家3人の総勢8人が、バスタオル1枚を使い回すはめに。思わず旦那の顔を見たら、『ごめん!』って目配せされました。
あとから聞いたら、義実家はバスタオルを1枚しか使わない文化があるとのこと。そんなことなら持っていけばよかった! 義父母が入浴したあとのぐっしょりと濡れたバスタオルの感覚は今でも忘れられません。入浴が最後になってしまった義弟の奥さんに聞いたら、完全に濡れたバスタオルの状態だったので、洗って絞って使ったそうです」(41歳)

・「お盆に親戚が集い義実家に宿泊したのですが、義実家のお風呂にはバスマットがない。お風呂を出た先には小さなフェイスタオルが置かれていて、そこで足を拭くらしいのです。子どもも含めて10人も泊まったから、一家族目でタオルはびしょ濡れ。二家族目以降は濡れ雑巾が落ちている状態でした」(28歳)

▽ タオルの運用方法・洗濯頻度は人それぞれですが、親族全員で使い回しはご勘弁を……。親しい仲とはいえ、濡れたタオルは使いたくないですね。

次回も生理的に受け入れられない義実家のエピソードをお届けします。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 4/26 12:28
  • 女子力アップCafeGoogirl

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます