Coke ON Passの注意点 確認漏れで1日1本引き換え可能のドリンクを1回もらい損ねる

拡大画像を見る

 日本コカ・コーラが4月12日に開始した、公式アプリ「Coke ON」を利用した、1日1本、好みのペットボトル飲料・缶飲料などと交換できる自販機サブスクリプションサービス「Coke ON Pass」を試しに契約してみた。

 現在、第1期・先着10万人まで今年5月契約分までの月額料金が半額となる「サービススタート記念 半額キャンペーン」が実施中。月額料金2700円を1カ月が30日として割ると、ドリンク1本当たり90円となるが、半額キャンペーン期間中に限っては1本あたり45円。毎日、確実に自販機で対象ドリンクと交換可能ならリーズナブルだ。
 購入方法は、通常のCoke ON Pay利用時と同じ。Coke ONアプリを立ち上げ、Coke ON Pay対応自販機とBluetoothで接続し、アプリ上で商品を選択する。1日目は無事ドリンクを交換できたが、2日目、一度目の接続・商品選択・決済で「エラー」と表示され、やり直したところ、Coke ON Passではなく、Coke ON Payに登録していたスマートフォン決済サービス「メルペイ」で決済され、それに気づかず帰宅してしまったため、1本分もらい損ねてしまった。
 翌日チャットサポートに問い合わせ、Coke ON Passの適用の有無は、商品選択時にCoke ONアプリ上で確認できると教えてもらった。また、アプリの「利用履歴」からも、購入した商品と支払い方法・金額が分かると案内された。利用規約により、誤購入であっても返金・キャンセルは不可。Coke ON Passの「1日1本ドリンク引き換え」の権利も持ち越せない。Coke ON Passは、多少のエラーは気にせず、ほぼ毎日、Coke ON Pay対応自販機に買いに行くことができる人におすすめのサービスといえるだろう。
 Coke ON Passは、クレジットカード決済・月単位の課金となり、解約したい場合は月末日14時59分までに停止手続きが必要。ただし、iPhoneのApple Payで支払うと、自動継続機能がなく毎月手動更新となるため、例えば4月下旬に加入しても5月は継続されない。初月は日割りなので、試すにはもってこいだ。(BCN・嵯峨野 芙美)

関連リンク

  • 4/26 19:30
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます