なんでそれ?正直いらない彼からのプレゼント

拡大画像を見る

 自分の為にわざわざ選んでくれたプレゼントは、どんな物であっても嬉しいですよね。自分のことを想像しながら、「何が良いんだろう」「どういうのが似合うんだろう」などを思いながら時間を使ってくれたことが嬉しいですよね。 プレゼントしてくれたものは、もちろん全部嬉しいけど、「どうしてこれなの?」というものを選ばれると、素直に喜べません。今回は、正直いらない彼からのプレゼントについて、ご紹介していきます。 


自分で作成するアクセサリー

何かを作ることが好きだという、自分の趣味を知ってくれているので、自分で作成するアクセサリーキットをプレゼントしてくれたという方もいるでしょう。自分の趣味を理解してくれているからこそなので、気持ちは嬉しいですよね。 嬉しいけどクラフト系の趣味の方は、自分で欲しいと感じたものを作るのが好きなので、プレゼントでもらう場合は、すでにできている少し良いアクセサリーが欲しいようです。 自分で作ることも楽しくて、趣味を分かってプレゼントを選んでくれたのは、かなりありがたいですよね。作るのが好きだとしても、彼からもらうということは、特別なものになるので、自分が作るのではなく、お店で売っている物が良いのでしょう。 


彼の趣味によって選ばれた服

自分が着たいと考えている服と、彼が来てほしいと考えている彼の趣味の服が、違っている場合も多くあります。趣味が違うということは分かっていたけど、プレゼントとして趣味ではない服を渡されると、困ってしまいますよね。 「着なければいけない」「彼の期待に答えなきゃ」「自分の服装を否定された」など、悲しみを感じるという方もいます。プレゼントとして渡してまで着させたいという気持ちがあるのであれば、一回着てみてあげてください。  彼も悪気があってやっているのではないので、自分好みな彼女の可愛い姿を見たいというだけでしょう。彼も純粋な気持ちによって、プレゼントを選んでいるとはいえ、もらった側は複雑は気持ちになるでしょう。 


飾るところが分からない置物

プレゼントとして、置物系はその人の趣味などが出てくるので、かなり困るようです。センスは人によって感じ方も変わってくるので、彼は良いものだと考えているかも知れませんが、自分からしたら「ちょっと違う」ということもありますよね。 自分のセンスと合っているような置物であれば、玄関などに置くこともできますが、部屋とマッチしない置物は置きたくないですよね。置きたくないとはいえ、彼が遊びに来る時などは飾っておかないと悲しませてしまいます。 学生時代に修学旅行で買ったようなものは、困ってしまいおしゃれだとしても、自分の趣味と合ってない置物も正直困ってしまうでしょう。置物をプレゼントするのであれば、趣味を完璧に理解してくれたものでないと、飾らない場合もあるようです。 


名前が入っているバッグ

イニシャルが入っていて、自分だけのバッグを持っている方もいますが、名前がガッツリ入っているのはさすがに嫌ですよね。 素材が良くてしっかりしていても、そこが重要なのではなく、名前だということが問題ですよね。名前は恥ずかしいので、せめてイニシャルにしてください。 


まとめ

プレゼントは何回ももらえるものではないので、男性には確実に女性が喜ぶものをプレゼントしてほしいです。 (ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 4/26 19:01
  • ハウコレ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます