日本全国「混浴できる温泉」無料の野湯から絶景露天まで完全リスト!

拡大画像を見る

 さまざまな男女が集い、素肌を見せながら湯を楽しむ混浴温泉。そんな癒やしの空間に異変が起きている。

「コロナ禍で、これまで海外に出かけていた若い女の子たちの旅行先が国内に集中。特に温泉地の人気は高く、結果、混浴温泉を訪れる女性が急増しているんです」(旅行代理店社員)

 混浴は日本ならではの文化と語るのは、『温泉ソムリエ協会』師範の金井茂幸氏だ。

「日本の温泉が男女別になったのは、幕末にペリーがやって来てから。それまでは、温泉イコール混浴だったんです。江戸時代には“湯女”といって、男性の背中を流す女性も存在しました」

 温泉はそもそも、裸の男女が交流する場だったのだ。ところが令和に入り、温泉の“原点”である混浴の数は、減少の一途という。

「残念ながら、今後、混浴は増えません。水着着用の温泉プールはOKですが、新規の混浴に保健所の許可が下りないからです。既存の混浴施設は営業を続けられますが、一度、男女で分けたら、戻すことはできないでしょう」(前同)

 現存する混浴温泉は貴重な文化遺産でもあるのだ。では、編集部が厳選した「一生に一度は入ってみたい」混浴温泉を、北から順に紹介しよう。

 筆頭に挙げたいのは乳頭温泉郷・鶴の湯温泉(秋田県仙北市)。四つの泉質が異なる源泉があり、その一つ「白湯」が混浴露天だ。

『週刊大衆』連載『しずかな贅沢湯の宿』でもおなじみ、混浴温泉取材の第一人者・大黒敬太氏は、こう言う。

「秋田藩の殿様の湯治場だった、由緒ある温泉です。お供が泊まるための長屋“本陣”が、そのまま残っているなど、昔ながらの風情がウケています。お湯は女性に人気の高い乳白色。8000円台から宿泊できるのも魅力でしょう」そのため、テレビで取り上げられる機会も多い。

「また、乳頭温泉郷の8割が混浴なので、鶴の湯を拠点にして混浴だけの湯巡りを楽しめます」(前同)せっかくなので、のんびり連泊するのがいいだろう。

「山菜や名物の“山の芋鍋”、イワナの塩焼きなど郷土料理も豊富。地酒も美味です」(旅行ライター)

■インスタ映えする秘湯も

 東北には秘湯感あふれる混浴が多いが、藤七温泉・彩雲荘(岩手県八幡平市)は、その代表格だ。

「八幡平の大自然に囲まれた海抜1400メートルの高所にあり、併設された宿には電線や電話線も通っていないほど。6つの湯のうち5つが混浴で、朝焼けや雲海を望むチャンスもあります」(前出の旅行ライター)

 さらに“秘湯度”が高いのが、日本屈指の自然湧出量を誇る沼尻温泉・沼尻元湯(福島県猪苗代町)である。

「よく、テレビで芸人が山道を歩いて“こんな所に温泉が!”と、やっているのが沼尻元湯です。山間の荒れ果てた岩場の中に、源泉が湧き出すさまは、日本じゃないよう。野湯なので、脱衣所も男女のへだてはありません」(前出の大黒氏)

 ワイルドな沼尻元湯にわざわざ入りに行く、温泉ファンの若い女性も少なくないという。「インスタ映えするのも、人気の理由でしょう」(旅行ライター)

 北関東の双璧と言えるのが、加仁湯温泉・加仁湯(栃木県日光市)と、法師温泉・長寿館(群馬県みなかみ町)だろう。

 加仁湯は泉質が異なる5つの源泉が自慢で、そのうち「第二・第三露天風呂」が混浴になっている。

「一般車で入れない奥鬼怒の秘境にあります。宿のバスで送迎してもらうか、ハイキングコースを歩いて訪れてください」(大黒氏)

 現在発売中の『週刊大衆』5月10・17日号では日本全国の混浴温泉を50か所紹介している。

関連リンク

  • 4/26 18:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます