嫌いじゃないけどモヤモヤする…。別れが近いカップルの特徴・5つ

別れを前提に付き合うカップルはいないはず。だけど彼が嫌いなわけじゃないけれど、「このまま付き合い続けていいのかな」と悩むことってありませんか?
たとえ見て見ぬフリをしても、そのモヤモヤは的中するもの。すれ違いが生じ、そのまま破局することも少なくありません。
では別れが近いカップルには、一体どんな特徴があるのでしょうか。

会うことや連絡が面倒だと感じる

「以前はデートに積極的だった彼。でも最近私が誘っても『仕事が忙しい』『その日は会えるかどうかわからない』とビミョーな返事。もう気持ちが冷めてきているのかな……」(20代/女性/営業事務)

▽ 好きだったらたとえ短時間でも会いたくなるはず。彼がしょっちゅうデートを渋るなら、何らかの心境の変化があったと捉えるべきなのかも……。

小さなことでイライラする

「交際初期は彼女の天然ぶりがかわいいと思っていました。だけどあまりに常識を知らなすぎて、イライラするようになってしまった。最近では話しかけられるだけで鬱陶しいと感じてしまいます」(20代/男性/広告)

▽ 愛情が冷めると長所が短所に感じ、好きだった部分も受け入れられなくなります。日常的に彼から冷たくされるようなら、お別れも覚悟しておくべきかもしれません。

不安や疑う気持ちが大きくなった

「返信が来なくても『仕事しているんだろうな』と思えていたのに、今は『もしかして浮気?』と考えてしまう。彼から何を言われてもただの言い訳に聞こえてしまいます」(20代/女性/接客)

▽ 彼に不信感を持っているのには理由があるはず。その理由が解消できないのであれば、いくら付き合っても溝は深まるだけでしょう。

スキンシップに違和感がある

「昔は幸せだったイチャイチャがダメになってしまった。触られると拒否反応が出てしまうので、あえていいムードにならないようにしていました。もちろん交際がうまくいくはずもなく、結局レスになって別れちゃいました」(20代/女性/IT)

▽ スキンシップはカップルの特権。そのイチャイチャが受け入れられないのは、生理的にムリになっているサインかもしれません。

期待をしなくなった

「彼と結婚したくて、『○○くんは結婚願望ある?』『同棲したいな』などと話していました。彼も前向きな返事をしてくれていたものの、行動に移す気配は一切なし。そんな日々が続いて、あるときから彼に期待しなくなりました。私が冷めていることに気付いたのか、彼が慌てて同棲を提案してきたけれど、もう遅すぎました」(30代/女性/住宅)

▽ 期待させておいて行動しないって、ある意味裏切りですよね。期待より諦めが勝ってしまったときは、もう修復困難。時間をかけてじわじわと愛情が冷めているぶん、もう一度トキメキを復活させるのはかなり難しいでしょう。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 4/26 8:28
  • 女子力アップCafeGoogirl

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます