マスク着用でも大丈夫! 日本初の自販機での顔認証決済サービス「KAO-NE」

拡大画像を見る

 ダイドードリンコは、日本初となる自動販売機(自販機)で顔認証による購入が可能となる顔認証決済サービス「KAO-NE(カオーネ)」を、4月26日に本展開した。昨年、NECと共同で実施した実証実験の結果を踏まえて、マスク着用時でも認証が可能、顔認証精度/スピードが向上(UI/UXの改善)対応決済手段の拡大などを改善した。

 KAO-NEでは、利用者がスマートフォンやタブレット端末などを用いて事前に顔画像やクレジットカード情報、パスコードを登録することで、自販機での購入時に顔とパスコードの2要素認証によって、簡単でセキュアに決済が可能になる。また、新たな生活様式に対応し、マスク着用時の認証を可能なことが特徴となる。なお、顔認証技術はNECの生体認証「Bio-IDiom」の中核技術であり、世界トップの認証精度を有しているとのことだ。
 主な設置場所は、ダイドードリンコの大阪本社と東京本部、大同薬品工業関東工場、NEC本社など。今後の展望として、2000台の設置を目標としている。

関連リンク

  • 4/26 17:00
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます