原田幸哉、プレミアムG1マスターズチャンピオンで見事にマクリ差しV!

拡大画像を見る

 4月25日、ボートレース下関にてプレミアムG1マスターズチャンピオンの優勝戦が行われました。これを制したのは、長崎支部の原田幸哉選手(はらだゆきや 登録番号3779 76期 1975年10月24日生まれ 身長172センチ 血液型B型)でした!

■3コースから勝ち切り

 安定板使用という厳しい条件下で優勝戦レース本番、内から123がスロー水域、456がダッシュ水域の枠なり進入隊形。

 カド受けからトップスタートを切った原田選手のマクリ差し炸裂、見事にVゴールを駆け抜けました。

 2着に太田和美選手、熾烈を極めた3着争いは最後に逆転で金子龍介選手が入線。3連単=22.2倍で決着しました。

■渾身のスタート

 優勝インタビューで「スタート、今日難しくてイメージ沸かなかったんですけど、なんとかイメージよりはいいスタートいけたかなと思っています」と原田選手。「まだまだあと10年、15年と長くレースをお見せできるように精一杯努力します。応援よろしくお願いします」と頭を下げ、勝って兜の緒を締めている印象でした。

 原田選手は昨年11月のボートレース津ツッキー王座決定戦以来のG1制覇。優勝、おめでとうございます!

●4月25日 下関第12R優勝戦
1着(3)原田幸哉 3コース.11
2着(1)太田和美 1コース.15
3着(5)金子龍介 5コース.15
4着(2)西島義則 2コース.16
5着(6)上平真二 6コース.22
6着(4)飯島昌弘 4コース.18
3連単2220円
※着 号艇 選手 進入 スタート

 来月は、原田選手も出場するSG(スペシャルグレード)ボートレースオールスター(5月25~30日 ボートレース若松)が開催されます。ファン投票で行われる大一番、こちらも注目です!

関連リンク

  • 4/26 17:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます