佐藤健は2回!相葉雅紀、BUMP藤原も苦しんだ“イケメン病”の恐怖

拡大画像を見る

 4月20日放送の『ザ!世界仰天ニュース』(日本テレビ系)で、佐藤健(32)がかつて苦しめられた病について語った。今回は佐藤以外に武井咲(27)、吉住(31)、空気階段ら「嘘みたいな本当の危険体験」を持つゲストが集合した。VTRでは、ある男子学生がかかった病気について紹介。その男性は高身長のイケメンだったが、あるとき呼吸をすると胸が痛くなって病院へ行くと“イケメン病”だと診断されたという。

 笑福亭鶴瓶(69)が「そんな名前あんねんな」と病名に驚くと、中居正広(48)は「僕、症状は出てないですけど、たぶんこれですね」「僕は思わないですけど、周りがみんな俺のことイケメン病じゃねえのって思ってんじゃねえかな」とかっこをつけ、スタジオの笑いを誘った。

 その後のVTRで、“イケメン病”は「気胸」という肺に穴が開く病気で、高身長で細身の男性に発症例が多いため“イケメン病”と呼ばれるが、詳しい原因はよく分かっておらず再発率も高い病気だと紹介された。VTR後、中居に「“イケメン病”だって。知ってました? 健くん」と聞かれた佐藤は「僕、気胸2回やってます」と衝撃のコメント。これを聞いた中居は「じゃあ俺もやってる、俺もやってる、俺3回!」「健くんが2回なら、俺3回だよ!」と張り合った。

 佐藤は「僕は手術してないんですけど、18歳のとき1回目をやって、で、1年後か2年後ぐらいに2回目をやって」と当時を振り返り、「肺がしぼんじゃって、僕は半分ぐらいになってるよって言われて」「90%ぐらいのしぼんだ感じだと、あ、今空いてるかなみたいのちょっと分かって、安静にすると自然と治るんですよ」と経験談を語った。

■イケメンも大変…

 中居が「あんまり激しい運動を続けたりすると?」と聞くと、佐藤は「そうなんです。20歳ぐらいで2回目再発したときは、ダンスの練習してたときだったんで」と告白。しかし、その後は発症していないため手術は免れたという。

 佐藤の“イケメン病”告白に、視聴者からは「イケメン病、納得」「イケメンも大変だわね」「中居くん、謎の対抗心w」「おかしいな、俺は気胸やったことない!」「気胸したのは知ってたけど、2回とは知らなかった」「たけるんがダンスやアクションできるほど元気になって本当によかった」など、心配する声も上がっていた。

 この“イケメン病”は、嵐の相葉雅紀(38)もなっている。相葉は2002年に右肺、2011年には左肺に気胸を発症。当時について相葉は「歌って踊ってってやりたいのに、もしかしたら無理かもしれないというところまで気持ち的に落ちた」と語っていた。他にもナインティナインの矢部浩之(49)、BUMP OF CHICKENの藤原基央(42)も同じ病気を経験している。

 なにはともあれ、みんな元気になって良かった!

関連リンク

  • 4/26 16:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • レイ

    4/27 15:36

    今イケメン病ばかりかもしれないですね コロナ感染でも気胸になるそうで自粛でおとなしくしてるとすぐ塞がる場合もあって見逃しもあるとか

  • ((+_+))

記事の無断転載を禁じます