アカデミー賞ノミネート『2分の1の魔法』ディズニープラスで配信開始へ

拡大画像を見る

ディズニー&ピクサーが贈る大ヒット映画『2分の1の魔法』が、ディズニー公式動画配信サービスDisney+(ディズニープラス)にて、5月21日(金)より定額制動画配信サービスで初配信されることになった。



本作は、内気な少年と陽気な兄の冒険と絆を描くファンタジー・アドベンチャー。本作は第93回アカデミー賞、第78回ゴールデン・グローブ賞、第48回アニー賞と、数々の賞レースにノミネートされた。

美しい大自然を背景に、ユニコーンのような角を持つ美しい白馬のペガサスが空を飛び、色とりどりの尾びれを持つマーメイドたちが自由を謳歌し、神秘的な魔法が満ち溢れた不思議な世界。しかし、それははるか昔の話で、科学や技術が進化するにつれ、小人や妖精たちも便利な世界に慣れ、この世から魔法は消えてしまった…。

物語の主人公は、そんな魔法が消えかけた世界に暮らす魔法を使えない内気な少年イアン。イアンは自分が生まれる前に亡くなった父にひと目会うために、好奇心旺盛な兄のバーリーと共に、魔法を取り戻す冒険に出る。


『カーズ』や『トイ・ストーリー3』の脚本やストーリー・アーティストを担当したダン・スキャンロン。キャラクターに命を吹き込む声優は、主人公イアン役をトム・ホランド、兄バーリー役をクリス・プラットが、日本版声優には主人公イアン役を志尊淳、兄のバーリー役を城田優が演じ、日米共に、まるで本当の兄弟のように息がぴったりと合った演技が話題となった。

ディズニープラスでディズニー&ピクサーの長編アニメーション全作が視聴可能に


本作のほか、北イタリアの美しい港町を舞台に“最高の夏”を描く、ディズニー&ピクサー最新映画『あの夏のルカ』が6月18日(金)に配信されることが決定し、ディズニープラスではディズニー&ピクサーの長編が全作視聴可能となった。

今年度アカデミー賞長編アニメーション賞を受賞した『ソウルフル・ワールド』も配信中で、長編作品と同様に最高の技術と情熱を注ぎ込んで生み出した短編アニメーション作品なども数多くラインアップされている。

『2分の1の魔法』は5月21日(金)よりディズニープラスにて配信開始。

(text:cinemacafe.net)


■関連作品:
2分の1の魔法 2020年8月21日より全国にて公開
©2019 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

関連リンク

  • 4/26 14:00
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます