近すぎるから上手くいかない!ごじれる恋にやきもきする幼馴染漫画5選

拡大画像を見る

幼馴染って誰よりも近い存在だからこそ、恋がこじれやすいものです。今回は幼馴染だからこそ上手くいかない、こじれにこじれた恋愛漫画を集めました。一生懸命で不器用な恋物語にやきもきしながら、複雑な恋を一緒に応援しましょう!

幼馴染だからこそ素直になれない、そんな恋が愛おしい

学生のカップル

幼馴染は他の友人より近しい存在のはずなのに一番心が遠ざかりやすい、複雑な関係です。特に大事なことほど相手に素直に伝えられず、しなくても良い喧嘩に発展してしまうことも。いつまでも近くにいると思ったら、突然いなくなってしまって後悔してしまう。そんな幼なじみたちの恋はなかなか上手くいきません。たくさんの幼馴染たちの恋愛物語を読んで、こんがらがってしまう赤い糸の先を辿ってみましょう。そこで待っている答えは、あなたの恋にとっても大切なものかもしれません。

こんな未来は聞いてない!!/八寿子

この商品の販売サイトをチェック

こんな未来は聞いてない!!(1) (フラワーコミックス) Kindle版

出典:Amazon.co.jp(https://m.media-amazon.com/images/I/51OpFETFayL.jpg)

詳しく見る

八寿子 /小学館/ベツコミ/全7巻/完結

〇あらすじ
主人公の佳代は勉強は苦手だけれど、そこそこ可愛くてお洒落でモテる女子高生。何かに熱中しているわけではないけれど、それなりに青春時代を楽しんでいた。一方幼馴染の相川真之介はバスケ部のエースで学校中の女子からモテまくり。昔は隣の家で一緒にバスケを楽しんでいたけれど、モノになったのは真之介だけ。佳代が真之介を好きだったのは昔の話で、きっと自分は20代になったら結婚して幸せになる。そんなことを思い描いていた。そんなある日突然30歳の佳代だという人物が現れて「真之介は同じ高校の別の女と結婚した」「自分は30歳で独身」と思いもよらなかった未来を知らされる。高校生の佳代ならまだ未来を変えられる、真之介にちゃんと気持ちを伝えろと30歳の自分に促され佳代は行動する決心をしていく。

〇おすすめポイント
佳代も真之介も素直になれないだけで、明らかにお互い好きなのが読者にも分かるのでなかなかくっつかない二人にやきもきします。佳代が何とか気持ちを伝えようと思っても、善意の塊みたいな女子が真之介の近くにいるせいで佳代の行動は空回りするばかり。このライバルが厄介で、良い人過ぎてむしろ嫌味レベル。彼女を前にすると佳代の臆病さ、卑屈さに拍車がかかってしまいます。30歳の佳代からのアドバイスが真に迫っていて、真之介に気持ちを伝えられなかったことを本当に後悔している気持ちが伝わってきます。佳代と真之介が上手くいかなかったらやり切れない!と思わず佳代にシンクロしてしまう作品です。

〇2018年にドラマ化して大評判!
2018年に田辺桃子・岐洲匠・神尾楓珠という豪華キャストでドラマ化しています。映像は現在YouTubeでは公開していませんが、FODの公式サイトで1話無料公開中なのでチェックしてみてくださいね。コミック発売時のPVが作品の雰囲気をよく拾っているので一度見てみることをおすすめします。

鈍色の箱の中で/篠原知宏

この商品の販売サイトをチェック

鈍色の箱の中で 1巻 Kindle版

出典:Amazon.co.jp(https://m.media-amazon.com/images/I/519RLWmVeDL.jpg)

詳しく見る

篠原知宏/LINE Digital Frontier/LINEマンガ/全7巻/完結

〇あらすじ
鈍色の箱は大人たちの都合で幼馴染たちが押し込められた、分譲マンション。母親同士が幼い頃から仲良くしている男女の幼馴染5人組。穏やかだけれど、どこかいつも虚ろげで年上の想い人がいる基秋・基秋の想いを知りながらも積極的にアプローチする美少女の美羽・ハーフで中性的な容姿を持つが母親と深い確執を持つ利津(男子)・幼い頃の利津を女子だと想い失恋した野球少年の悟・悟と付き合っているけれど利津への恋心が捨てきれないあおい。それぞれのベクトルが噛み合わない幼馴染5人の行き着く先には、どんな答えがあるのか。

〇おすすめポイント
5人全員が誰も両想いじゃない、赤い糸がこんがらかった幼なじみ達のどこか仄暗い恋物語です。それも可愛い恋だけじゃなくて、妊娠・家出・毒親とマイナスエピソードが満載。それでも本作が魅力的に映るのは、それぞれの「好き」の気持ちがひたむきだからだと思います。相手が自分のことを見ていないと知ってなお、ずっと想い続けている姿にその恋を諦めろとは言えません。一番最低に見える利津も家族の愛を求めていただけ。皆が寂しい、皆が愛おしいそんな幼馴染漫画です。

〇2020年にドラマ化し話題に
久保田紗友・萩原利久・神尾楓珠他瑞々しいキャストによって2020年にドラマ化されています。幼馴染たちの複雑な恋模様を見事に表現していておすすめです。ドラマの一部分が公開されているので、チェックしてみてくださいね。

ホットギミック/相原実貴

この商品の販売サイトをチェック

ホットギミック(1) (フラワーコミックス) Kindle版

出典:Amazon.co.jp(https://m.media-amazon.com/images/I/51cnyu6MsRL.jpg)

詳しく見る

相原実貴/小学館/ベツコミ/全12巻/完結

〇あらすじ
主人公初(はつみ)は社宅に住む女子高生。社宅独特の支配的な雰囲気の中、家族と共に暮らしていた。ある日中学生の妹茜に妊娠したかもしれないと明かされ、代わりに妊娠検査薬を買いに行く。その様子を社宅で一番権力のある家の息子、橘亮輝に見付かってしまいバラされたくなければ奴隷になれと言われてしまう。同時に初は幼馴染でモデルの梓と良い感じになるかと思いきや、家族や幼馴染の衝撃の秘密を知り大波乱が巻き起こる。

〇おすすめポイント
いつもオドオドとして優柔不断なため男子たちに付け入られ気味な初ですが、その控え目な性格故一度初に惚れた男子は結構ゾッコン気味です。亮輝が最初俺様過ぎて一度引いてしまうと思いますが、初を奴隷扱いしていたその心理は恋心と独占欲の裏返しで不器用すぎる彼がだんだん愛しくなってきます。そして梓と、初の兄である凌との関係も複雑で初はモテてるのですが何だかいつも不憫です。男子たちが抱える事情が結構重たく悲しいものなので、初との恋心と共にどう自分と向き合っていくのかも見所です。社宅内で共に育った幼馴染たちが、自分の心に向き合い幸せになるまでを見守る物語なのかもしれませんね。

〇2019年に豪華キャストにより実写映画化!
堀未央奈・清水尋也・板垣瑞生・間宮祥太朗・桜田ひよりという豪華キャストにより2019年に映画化されています。単純な恋物語じゃない、複雑に絡み合う幼馴染のしんどい恋模様が上手く描かれています。映画予告映像が公開されていますのでチェックしてみてくださいね。

ホットギミック ガールミーツボーイ

ホットギミック ガールミーツボーイ

2019年/日本/119分

作品情報 / レビューはこちら

ちはやふる/末次由紀

この商品の販売サイトをチェック

ちはやふる(1) (BE・LOVEコミックス) Kindle版

出典:Amazon.co.jp(https://m.media-amazon.com/images/I/51dVuHbsYRL.jpg)

詳しく見る

末次由紀/講談社/BE・LOVE/1~46巻/連載中

〇あらすじ
モデルとして活躍している姉を持つ千早。大好きな姉の活躍を応援している一方、何の取柄もなく母に構ってもらえない自分に自信を持てないでいた。そんな中転校生の新に百人一首の楽しさを教えてもらい、競技かるたの面白さと才能に目覚めていく。優等生で千早の幼馴染である太一は新に嫉妬を覚え、校内のかるた大会で新たに対して嫌がらせをしてしまう。しかし新のかるたに対する真摯な姿に心を改め、二人の間に友情が芽生える。三人で本格的に競技かるたを始めた矢先、新の祖父が倒れたため福井に戻ることになってしまう。三人は競技かるたを続けて、いつか再会をと誓い合う。高校生になった千早と太一は競技かるた部を設立し意欲に燃えていたが、再び新と再会した際新が競技かるたから離れていたことを知る。

〇おすすめポイント
小学生編・高校生編と続き競技かるたへの作品の熱さから少女漫画でありながらスポーツ漫画と称される作品です。そして幼馴染三人の関係もまた、不器用な絡まった恋愛要素が満載です。末次先生の作品は繊細な心理描写がとても魅力的で、競技かるたに対しての三人のそれぞれの向き合い方に、不器用な恋愛の様子に惹き込まれること間違いなし。完璧に優秀イケメンの太一がずっと長い間千早に好意を寄せている姿に、言いしれないエモさを感じる女子は多いはず。姉が大好きだけれど母に見てもらえない千早の寂しさ、新の才能がある故の寂しさ、優等生なのに競技かるただけは新に勝てない太一の葛藤。恋以外にも読者の胸を打つ物語の深さが圧巻の作品です。

〇アニメも映画もシリーズ化するほどの大人気作品
・映画版:広瀬すず・野村周平・新田真剣佑・上白石萌音・清原果耶・佐野勇人他
・アニメ版:瀬戸麻沙美・宮野真守・細谷佳正・奈良徹・茅野愛衣・代永翼・潘めぐみ・入野自由他
アニメは3シーズン、映画も3部作とどちらのメディアでも長くファンに愛されている作品です。かなりの豪華キャストで作製されていて、原作の雰囲気を壊さず丁寧に表現されています。映画版の最初のシリーズのダイジェスト動画と、アニメ版のOPテーマに乗せたPVも公開されていますのでそれぞれチェックしてみて下さいね。

ちはやふる 上の句

ちはやふる 上の句

2016年/日本/111分

作品情報 / レビューはこちら
ちはやふる 下の句

ちはやふる 下の句

2016年/日本/102分

作品情報 / レビューはこちら
ちはやふる 結び

ちはやふる 結び

2018年/日本/128分

作品情報 / レビューはこちら

水色時代/やぶうち優

この商品の販売サイトをチェック

水色時代(1) (フラワーコミックス) Kindle版

出典:Amazon.co.jp(https://m.media-amazon.com/images/I/51aFel3BMOL.jpg)

詳しく見る

やぶうち優/小学館/ちゃお/全7巻/完結

〇あらすじ
何も知らない真っ白な子ども時代でもなく、青春真っ盛りの時代でもないその間の「水色時代」。小学6年生の優子は大好きな幼馴染のヒロシに想いを伝える勇気もなく友情や自分の体の変化に戸惑う日々を送る。中学生になって友人たち、先輩たち、初めてのことだらけで戸惑う中ヒロシとの距離が以前よりも近付いてきた。それなのに友人がヒロシを好きだと言い出しなかなか上手くいかない。普通の女の子優子の思春期の戸惑いと成長を描いた、可愛い物語。

〇おすすめポイント
優子は優等生でも特別美人でもない、ただただ普通の女の子。それ故幼馴染のことを好きだという友人に自分の気持ちを言えなかったり、初めてのブラジャーに戸惑ったり、中学生になった環境の変化に戸惑ったり、その普通の悩みを丁寧に描いている作風が読者の共感を呼び長期に渡って連載されていた良作です。本作で描かれている優子の悩みは、ありふれたものです。それは即ち皆が感じてきた悩みでもあるのです。繊細な時期の少年少女たちの一生懸命恋をして悩む姿を、ご自身の思い出を重ねながら見守るスタンスで読んでみるのも良いですね。

まとめ

誰よりも近くにいて、お互いに知らないことなんてないはずの幼馴染の恋。一筋縄ではいかず、ややこしくなった幼馴染漫画を中心にご紹介してきましたがいかかでしたでしょうか。一番の理解者でありながら、一番気持ちが伝わり辛いのが幼馴染たちの恋なのかもしれません。彼らの恋愛を見ていると、素直になることがいかに恋愛にとって大切なことなのかが良く分かります。あなたもこれからの恋に素直になって、楽しい恋愛をしてくださいね。

関連リンク

  • 4/24 12:00
  • 映画board

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます