中村倫也の「ババア」呼びに震えた夜…新たな“ハマり役”に中毒者続出!!

拡大画像を見る

 俳優の中村倫也(34)が主演を務める深夜ドラマ『珈琲いかがでしょう』(テレビ東京系)が好評だ。

 本作は『凪のお暇』で知られるコナリミサト氏の同名漫画を原作とした実写ドラマで、4月5日(月)から放送がスタート。以前から主人公の移動珈琲店店主・青山一が「中村倫也にしか見えない」と原作ファンの間で話題になっており、中村の起用が発表されると期待の声が相次いだ。

 そうした注目度の高さからか、初回放送は「ネットもテレ東」「TVer」などの見逃し配信の週間合計再生数が196万回を突破。同局系番組における1週間の史上最多再生回数という新記録を打ち立て、順調なスタートを切った。

 19年夏に放送されたドラマ『凪のお暇』では、ゆるふわなメンヘラ製造機・ゴンを好演し「ハマり役!」と各方面から絶賛を浴びた中村。コナリ氏が描く“温かくもちょぴりほろ苦い”世界観と役者・中村倫也の相性の良さは折り紙つきだが、このたびの『珈琲~』で演じる青山も、ゴンとは別のベクトルで一筋縄ではいかない役どころ。原作ファンも、どんな色にも染まれるカメレオン俳優・中村が青山という役をどう立体化するのか、胸を高鳴らせていたはずだ。

 1話と2話では、常にほほ笑みを絶やさず、珈琲店を訪れる客たちのさまざまな悩みに耳を傾ける“癒し系”青山の姿が中心に描かれた。決して押しつけがましくなく、それでいて包容力を感じる青山の佇まいや言葉は、自らも長く不遇の時代を過ごし、どこか達観した雰囲気を漂わせる中村本人のイメージにも通じる部分がある。それゆえ、単に“見た目が似ている”“芝居がうまい”ことを超えた不思議な説得力が生まれてくるのかもしれない。

■3話のラストシーンで異変!?

 19日放送の第3話でも、自分を「イケてる」と思い込んでいる中堅サラリーマン・飯田(戸次重幸/47)や、夢をあきらめたことに後悔をにじませるスナックのママ・アケミ(滝藤賢一/44)といった、私たちの身近に実在していそうな市井の人々の心を少しずつ救済していった青山。だが、物語のトーンが一変したのはラスト間際のあるシーンだ。

 アケミは青山が去ったスナックのカウンターで、前にも一度青山に会っていたことを思い出す。ミラーボールが回る店の中で飛び交う怒号と、ガラの悪い男たちの乱闘。その中心にいたのは、今の姿とは似ても似つかない若き日の青山だった。

 怯えるアケミの腕をつかみ、店の外へ連れ出した青山は、光のない真っ黒な目をして吐き捨てる。「早く行けよ、ババア」――。

 そこに現在の青山の面影はなく、一瞬にして、彼が我々の想像を超えた壮絶な過去を生きてきたことが明らかになる。わずかな場面転換で太陽と月のように全く異なる表情を見せるこのふり幅こそ、中村の真骨頂だ。若さと諦観に満ちた青山の姿は、なんとも危い色気を放っていた。

■死んだ魚のような目……「こんな中村倫也が見たかった!」

 ここのところ、イケメン探偵・ドS社長・IT起業家・敏腕弁護士とハイスペックな役が続いていた中村。もちろんそれぞれ魅力的であったことは間違いないが、やさぐれた風貌、死んだ魚のような目、“泥水をすすって生きてきた”感……「こんな中村倫也が見たかった!」とテレビの前で思わず膝を打ったのは私だけではないだろう。多忙を極める中、地毛を金髪にして挑んでくれた役者魂にも、いちファンとして感謝せずにはいられない。

 突如出現した“闇落ち系”青山に≪これこれ!これ待ってたのよ!≫≪金髪青山さんのババア…最高!やっぱりこの役!中村倫也さんにしかできんよ≫≪ババアで良かったと思ったのは人生初≫≪何回リピっただろうか≫と釘付けになる視聴者が続出。中村の魅力が最大限発揮された『珈琲いかがでしょう』は、早くも彼の新たなハマり役&代表作となる予感に満ちている。

 26日放送の第4話からは、いよいよ青山の隠された過去が明らかになっていくという。これから本格登場する若き演技派・磯村勇斗(28)との“ブレンド効果”にも期待したい。

関連リンク

  • 4/26 11:50
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます