<アカデミー賞>ダニエル・カルーヤが初オスカー! 助演男優賞を受賞

 日本時間26日、第93回アカデミー賞授賞式がアメリカ・ロサンゼルスのドルビー・シアターとユニオン駅にて開催され、『Judas and the Black Messiah(原題)』のダニエル・カルーヤが助演男優賞を初受賞した。

 イギリス出身の俳優で、脚本も手掛けるダニエル。2017年に公開されたジョーダン・ピール監督のホラー映画『ゲット・アウト』で、アカデミー賞主演男優賞に初ノミネートされた。ほかに、『ロスト・マネー 偽りの報酬』、『ブラックパンサー』等にも出演している。

 『Judas and the Black Messiah』は、司法取引の末、ブラックパンサー党に潜入捜査することになった黒人青年ウィリアム・オニールの物語。ダニエルは、ブラックパンサー党のカリスマ的指導者フレッド・ハンプトンを演じ、ゴールデン・グローブ賞や英国アカデミー賞、全米映画俳優組合賞など多くの賞を受賞している。

 ダニエルは「神様、本当にありがとうございます。神様の導きがあったからこそ賞をいただけました」と一言。そして「素晴らしいキャスト・スタッフのみなさん、ありがとうございます。周りのみなさんが私にインスピレーションを与えてくれました。そして、私たちを信頼してくれてありがとうございます。素晴らしい仲間でした」と感謝を述べた。

<第93回アカデミー賞助演男優賞:候補一覧(★が受賞者)>
サシャ・バロン・コーエン 『シカゴ7裁判』
★ダニエル・カルーヤ 『Judas and the Black Messiah(原題)』
レスリー・オドム・Jr 『あの夜、マイアミで』
ポール・レイシー 『サウンド・オブ・メタル ~聞こえるということ~』
レイキース・スタンフィールド 『Judas and the Black Messiah(原題)』

画像をもっと見る

関連リンク

  • 4/26 9:36
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます