『鬼滅の刃』、アメリカでのオープニング興収が外国語映画で史上1位に!

拡大画像を見る

先週末、アメリカで実写版『モータルコンバット』と『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が公開された。

『モータルコンバット』は同名ゲームの実写版映画で、1995年にポール・W・S・アンダーソンが監督した同名映画のリブート版でもある。監督は今作が長編デビューとなるオーストラリア出身のサイモン・マッコイド。日本の真田広之や浅野忠信が出演している。

日本では公開から半年が経ってもロングラン上映中の『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』は、惜しくもオープニング興収は『モータルコンバット』の2250万ドル(約24億2700万円)にわずかに届かない1950万ドル(約21億300万円)となったが、アメリカにおける外国語映画として新記録を打ち立てた。2004年8月に公開されたチャン・イーモウ監督の『Hero』がキープしていたオープニング興収の1780万ドルという記録を塗り替え、首位に立ったのだ。

なお、「Varitey」誌によれば、『モータルコンバット』のオープニング興収は、コロナ禍で公開された作品としては3月に公開された『ゴジラvsコング』(3100万ドル、約33億4400万円)に次ぐ第2位という好成績。

ここ1年は、家にこもってストリーミング配信サービスなどで映画を観るという生活が続いたが、『ゴジラvsコング』『モータルコンバット』『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』のオープニング興収が上々であることから、映画業界は「観客が戻ってきたという兆しだ」と期待しているという。

(Hiromi Kaku)


■関連作品:
劇場版「鬼滅の刃」無限列車編 2020年10月16日より全国にて公開
©吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
モータルコンバット 2021年6月18日より全国にて公開
© 2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

関連リンク

  • 4/26 10:14
  • cinemacafe.net

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます