付き合ったからこそ分かった!年下の男性が自分には合っていたと感じた理由

拡大画像を見る

 若い頃は断然に年上の男性が彼氏のほうが良いという女性も多かったのではないでしょうか。しかし実際には年下の男性と交際してみると、自分の今まで知らなかった新しい発見があり、年下と付き合うのも悪くないと感じるようになります。 短い期間で恋愛が終わってしまう女性で、年上の彼氏ばかりなのであれば、一度自分の付き合うことのできる範囲を意図的に広げることで、相性のいい男性に出会えたりします。今回は、年下の男性が自分には合っていたと感じた理由について、ご紹介していきます。 


自分がリードできる

自分で計画を立てることが苦手なくせに、口を出すと不機嫌になってしまうような年上の男性は多いですよね。なんのプライドなのか分からないけど、自分でやりたいという考えがあるのでしょう。  彼のプライドを傷つけないように、優しくフォローして気を遣っていたという方も、多いのではないでしょうか。 年下の男性と付き合っているのであれば、自分からガツガツとリードすることができるのでラクでしょう。 リードすることができないのに、彼のプライドだけ高かったら、女性としては手に負えませんよね。できないと自覚しているのであれば、潔く任してくれたらいいのに、プライドが邪魔をしているのでしょう。 


優しい心で見守ることができる

年上の彼氏を持っていると、「給料が少ない」「こんなこともできないのか」などを考えてしまうほど、無意識的に彼に対する理想が高くなっていることもありますよね。年下の彼氏になると、優しい心で見ることができます。 例え何かに失敗したとしても「可愛い」という感情になるだけで、失望することもありません。むしろ可愛いという幸せを感じる感情になれて嬉しいのではないでしょうか。年齢が上だというだけで、金銭面的にも男らしさなどを求めてしまいがちですよね。 何かダメな部分があるとすぐに幻滅してしまうので、短い恋愛で終わってしまい、受け入れられない自分にもイライラしてしまいます。年下だとだいたいのことは受け入れることができるので、いい関係を築いていけそうです。 


大人ぶることもなくありのままでいられる

年上の男性付き合っていた時は、大人っぽく見せるために、自分の好みではない服装をしていたという方も多くいます。彼と別れて、年下の男性と付き合い始めることによって、本当に自分がしたかった服装ができたのではないでしょうか。 年上だと追いつきたいという気持ちが自分を急がせすぎてしまい、演技している自分になってしまうこともありますよね。変な気遣いをしなくていい年下が合っているのでしょう。 


彼のことを自分の好みに育てることができる

服装から生活習慣まで、年下の男性のほうが、自分で育てることができるので、イライラも少なくなり愛情も深くなっていくのではないでしょうか。  年を重ねていくほど自分の恋愛スタイルや好みなどは固まるため、そう簡単に変えることはできないですよね。年下の男性であれば自分の好みに変えることができるため、ラクに付き合っていくことができるようです。


まとめ

年上か年下の男性が本当のタイプかは、付き合ってみないと分からないですよね。過去の経験を活かして、判断するようにしてみてください。 (ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 4/26 10:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます