井上瑞稀&作間龍斗、高橋優斗のダイナミックな飛び込みに驚愕『DIVE!!』

拡大画像を見る

HiHi Jetsの井上瑞稀・高橋優斗・作間龍斗が主演を務めるドラマホリック!『DIVE!!』(テレビ東京系、毎週水曜24:00~)の第3話が、4月28日に放送される。

同ドラマは、水泳の飛び込み競技を題材とした、直木賞作家・森絵都による「DIVE!!」が原作で、所属するダイビングクラブの存続を懸けて、オリンピック出場を目指す中高生3人の成長を、熱く爽やかに描いていく青春物語。井上が演じるのは、気弱で周りに流されがちだが、敏腕コーチにその才能を見初められ、いきなりオリンピックを目指すことになる坂井知季。作間が演じるのは、両親ともに五輪選手で、飛び込みの英才教育を受け、昔から勝つことをだけを目指してきた天才・富士谷要一。高橋は、ある思いを抱えながら、津軽の海でひとり潜り続けていた一匹狼・沖津飛沫を演じる。

第2話の放送後、インターネット上では、高校生ながら、飛び込み選手としての苦悩と葛藤を表現する井上の演技力について「引き込まれる」といった反応や、様々な登場人物の心情が細かく描かれる部分についても、「キラッキラしてる」「共感」「ドキュメンタリーみたい」といったコメントがあがっていた。

<第3話あらすじ>
高さ10mから時速60km、わずか1.4秒の空中演技の美しさと正確さを競う水泳・飛び込み。ミズキダイビングクラブ(通称:MDC)に所属する高校生の坂井知季(井上)は新任コーチの麻木夏陽子(馬場ふみか)から「一緒にオリンピックを目指してみない?」と声をかけられる。

ある日、MDCに沖津飛沫(高橋)がやって来る。飛沫の祖父は伝説の選手で、夏陽子が条件付きでMDCに連れてきたのだ。知季や要一(作間)は飛沫のダイナミックな飛び込みに圧倒される。

一方で知季はMDCの仲間たちに誤解され、何のために飛び込みをやっているのかわからなくなる。練習をサボってしまった知季に夏陽子は競技を続けるのか辞めるのか答えを出すよう迫り、「3日間」だけ待つと告げる。

関連リンク

  • 4/26 8:00
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます