好発進の竹野内豊主演ドラマ「イチケイのカラス」に“落とし穴”?

拡大画像を見る

 俳優・竹野内豊主演の月9ドラマ「イチケイのカラス」(フジテレビ系)の第3話が4月19日に放送され、世帯平均視聴率12.7%だった。初回13.9%、第2話10.5%と高視聴率を維持している。

 自由奔放で型破りな刑事裁判官・入間みちお(竹野内)と彼に振り回されながらも真実をつかもうと奔走するイチケイ(東京地裁第3支部第1刑事部)のメンバーの活躍を描いたリーガルエンタータインメント。東大出のエリート裁判官には黒木華、裁判官事務官には新田真剣佑、桜井ユキ、検事には山崎育三郎などの人気俳優に、小日向文世や中村梅雀、草刈民代といったベテラン俳優陣と、キャストも豪華。視聴率的にも今期ナンバーワンを狙えると、大きな期待が寄せられている。

 注目を集めているのは、豪華俳優陣ばかりではない。第3話では、法廷を傍聴席から見守るあるグループにも注目が集まった。

「裁判を見守るメンバーの中に、お笑い芸人・鬼越トマホークが号泣する姿があり、強面で知られる鬼越の目に浮かぶ涙に、ネットでは『鬼越トマホークと同じくらい私も顔ぐしゃーってなって泣いた』『イチケイのカラス ガヤが面白い』、さらには『次は誰だろ』と密かに、次回の“傍聴芸人”に期待する声も上がっています」(芸能ライター)

 傍聴席にお笑い芸人が座っているのは、今回が初めてではない。第1話には、入間みちおのファンクラブ「みちおを見守る会」のメンバーとして傍聴席で熱心にメモを取るお笑いコンビ・チョコレートプラネットの2人。第2話では、チョビ髭を蓄えるお笑い芸人・ミルクボーイも登場して話題を呼んだ。

 しかし、その一方で「入間みちおを見守る会」には苦言を呈する声もある。

「法廷の見せ場、感動的な場面でお笑い芸人のリアクションが抜かれるところから、ドラマに集中できないという声もあります」(前出・芸能ライター)

 好スタートを切っただけに、やりすぎには注意したほうがいいかも?

(窪田史朗)

関連リンク

  • 4/26 7:14
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます