“電話対応が苦手”という人々の声「最初の挨拶で噛んでしまい笑われました」「方言が聞き取れない」

拡大画像を見る

電話対応が苦手な人は、それなりの修羅場も踏んでいるようだ。飲食店で接客業をしている栃木県の40代女性(年収100万円未満)は

「お店の名前が長いので 電話に出た時に挨拶文を噛んでしまい、電話先の人に笑われました。それと中には、声が小さく聞き取りづらい人もいて、何度も復唱しなくてはならないのが辛かったです」

とコメント。青森県の20代女性(専業主婦/年収100万円未満)も

「音声だけで記録が残らないし、固定電話も使ったことがないため苦手です。地方なので方言が聞き取れず、会話にならないことも。しかも聞き返すと、電話口で怒鳴られるパターンですよ」

と綴っている。他の投稿も見ていこう。(文:鹿賀大資)

「あんたのその声が鬱陶しい」

「自分の声が嫌いなので、電話は好きではありません」と切り出すのは、広島県の40代女性(営業職/年収600万円)だ。電話対応の際に、客からよく「あんたのその声が鬱陶しい」「その声、うざいわー」などと言われるそうだ。それに対して女性も、

「内心では『同感です!』『分かります、私もそう思ってるんですよ』と答えています。ただ一方で、この手の相手は自分の主張が通らず、苦情で言うことがなくなったら、個人攻撃に出るタイプが多いです。まだやったことはありませんが、身体的なことを言ってくる人には、同レベルで対応してもいいのでは、とたまに考えています」

「コールセンターで働けるくらいの対応力がつきました」

東京都の30代女性(パート・アルバイト/年収150万円)は、とある電話対応の際、電話先の相手から向けられた質問に答えられず「恥ずかしい思いをしました」と当時の状況を説明する。

「私の知らない職種の問い合わせで、返す言葉が分かりませんでした。電話対応の後、そのモヤモヤを解消するために複数の部署を駆け回りましたが、結局のところ誰も教えてくれませんでした。あの振り回された一件もあって、しばらく電話が恐怖でした」

とはいえ当時の経験が糧となり、「今ではコールセンターで働けるくらいの対応力がつきました」と頼もしい声を寄せている。

ほかには

「吃音のため、新卒で最初の電話対応をした時は、きつかったです。でも次第に慣れてきて、忙しい時などは、何か電話に出ることに対して感情がなくなりました。電話を意識する暇もないからなのでしょう」(20代男性/神奈川県/営業職/年収350万円)

という声も寄せられた。

※キャリコネニュースでは引き続き「電話対応が苦手な人、苦手だった人」のほか「不労所得がある人」「モンスター新人目撃談」などのアンケートを募集しています。

関連リンク

  • 4/26 6:00
  • キャリコネ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • マリン

    4/26 11:00

    声が小さい時の復唱は辛いですよね。私も仕事柄、お客様の声が小さくて何を言っているのかわからない時がありますが、どう対応するべきか困る事があります。どうしてもうつ伏せ時は結構聞こえない事が多いので。

記事の無断転載を禁じます