村上春樹がお届けする、幕の内弁当風“花咲くメドレー特集”「のんびりお花見もできなかったと思うので…」

拡大画像を見る

作家・村上春樹さんがディスクジョッキーをつとめるTOKYO FMの特別番組「村上RADIO」。2021年4月より、これまでの不定期放送から毎月最終日曜日放送のレギュラー番組にリニューアル。月1レギュラーの第1回となる4月25日(日)の放送は、「村上RADIO~花咲くメドレー特集~」と題して、新旧さまざまなアーティストが演奏する「3曲以上が連なるメドレー音源」を村上さんの解説付きでオンエア。

この記事では、オープニングトークと、ディオンヌ・ワーウィックが歌ったアントニオ・カルロス・ジョビンのメドレーについてお話された概要を紹介します。


村上RADIO



<オープニング曲>
Donald Fagen with Jeff Young & the Youngesters「Madison Time」


こんばんは。村上春樹です。
もうすっかり春ですね。さて、今日は「花咲くメドレー特集」です。

春と言えば、「お花見」。お花見と言えば、「幕の内弁当」。幕の内弁当は、「メドレー音楽」という、きわめて単純な発想の命名ですけど、このコロナ状況下ではのんびりお花見もできなかったと思うので、せめて音楽で、幕の内弁当風の華やかな盛り合わせを味わっていただければと思います。



原則として3曲以上を続けて歌っているトラックを集めました。こうしてみると、いろんな盛り合わせがあります。この番組が始まって以来、数だけでいえば、これほどたくさんの曲がかかるのは初めてのことです。全部で何曲あるんでしょうね。暇があったら、数えてみてください。
    
◆Dionne Warwick「Jobim Medley」
最初にディオンヌ・ワーウィックがアントニオ・カルロス・ジョビンのメドレーを歌います。“Retrato Em Branco E Preto”「白と黒のポートレイト」、“How insensitive”「ハウ・インセンシティブ」、“Corcovado”「コルコヴァド」、“Wave”「ウェイヴ」、“Águas de Março”「三月の雨」の5曲メドレーです。

これはワーウィックが1994年に出した“Aquarela Do Brasil”『アクアレラ・ド・ブラジル』というアルバムに入っています。このアルバムは、一般的にはあまり知られていない新しいブラジル音楽が中心になっていて、ブラジルで現地ミュージシャンと共に録音されていて、なかなか聴き応えがあるんですが、有名じゃない曲ばかりだと売れないかもしれないということで、このメドレーが入れられたのかもしれません。でも、なかなか素敵な歌いっぷりです。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限:2021年5月3日(月・祝)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ)
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:村上RADIO~花咲くメドレー特集~
放送エリア:TOKYO FMをはじめとする、JFN全国38局ネット
放送日時:4月25日(日)19:00~19:55(※放送日時が異なる局があります)
パーソナリティ:村上春樹
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/murakamiradio/

関連リンク

  • 4/25 20:00
  • TOKYO FM+

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます