栃木、エスクデロ競飛王を契約解除…「クラブの秩序風紀を乱す行為」があったため

拡大画像を見る

 栃木SCは25日、FWエスクデロ競飛王に「クラブの秩序風紀を乱す行為」が見られたとして、4月22日付けで契約解除に至ったことを発表した。クラブ公式サイトで伝えている。

 今回の発表に際し、栃木は「ファン、サポーターをはじめとした関係者の皆様に、ご迷惑とご心配をお掛けしましたことを深くお詫び申し上げます」と綴っている。

 1988年生まれの32歳で浦和レッズユース出身のエスクデロは、2005年に浦和のトップチームでプロデビュー。その後韓国のFCソウルや中国の江蘇蘇寧などでプレーし、2020年より栃木へ完全移籍で加入した。今シーズンはここまで公式戦の出場はなかった。

関連リンク

  • 4/25 19:12
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます