サクレ新作の白桃を食べてみたら中から出てきたのは…?

拡大画像を見る

暑い時期が近付くと食べたくなるアイス。

かき氷のようなサクサク感のあるアイス『サクレ』は、一時販売が見合わせになるほど人気があるアイスの1つです。

一般的に有名なのはサクレのレモンですが、実はほかのフレーバーがあることを知っていますか。

レモンのほかに、オレンジと新登場の白桃があるのでご紹介します。

サクレの3種類のアイスを食べ比べてみた

サクレカップシリーズでは、2021年4月現在、6種類のアイスが販売されています。

レモン、メロン、あずき、オレンジ、いちご、白桃の中から、手に入った3つを食べ比べてみました。

サクレレモン

まずは、定番のレモン。

すっぱいだけではない、甘さもあるレモン味が特徴です。

また、サクレレモンといればこのスライスレモンですよね!

スライスレモンと氷を一緒に食べれば、レモンのほろ苦さも感じることができます。

夏のさっぱりしたい日には、最高のアイスです!

サクレオレンジ

2019年にリニューアルして発売が開始された、サクレのオレンジ。

サクレレモンのようなスライスはありませんが、つぶつぶの果肉が入っています。

ミカンジュースをかき氷にして食べているようなおいしさでした!

サクレ白桃

2021年4月13日から発売が開始されたサクレ白桃。

桃本来の自然な甘さと酸味を再現したといいます。

ふたを開けた瞬間から白桃のいい香りがしました。

中に入ってるゴロゴロした果実が、サクレ白桃のおいしさを引き立てます!

これは…とてもおいしい!

下の方まで果実が入っており、最後まで白桃のおいしさを楽しめるアイスです。

サクレのアイスをジュースと混ぜてみた

サクレといえば、アレンジレシピも人気。

混ぜるだけで味変を楽しめるとして、さまざまなレシピが紹介されています。

「なぜやらなかったんだ!」「天才か」コンビニで買った『サクレ』を…?

今回、たまたま筆者の家にあったミカンジュースに、直感だけを頼りにアレンジをしてみました!

使用したのは、つぶつぶの果実がたっぷり入ったミカンジュース。

このミカンジュースに、まずはサクレオレンジを入れてみます。

ミカンジュースに、オレンジを加えておいしくないわけがありません!

ミカンの風味がさらに増し、サクレオレンジのおかげでキンキンの冷たさになりました。

次に、新しいミカンジュースにサクレレモンを入れてみます。

せっかくなので、ついでにスライスレモンも投入してみました。

レモンの甘酸っぱさと、オレンジの少しの苦みが意外と合います!

サクレレモンそのものの甘みが強いため、オレンジの苦みが緩和されるように感じました。

最後に、ミカンジュースにサクレ白桃を入れてみます。

これは、危ない組み合わせかと思いきや…。

想像以上においしい!

考えてみれば、『ファジー・ネーブル』という桃とオレンジを合わせたカクテルがあるため、間違った組み合わせではないのです。

白桃が少し強めではありますが、果肉も楽しめてとてもおいしい仕上がりになりました。

サクレのアイス同士を混ぜてアレンジ!?

「せっかく3種類もサクレアイスがあるなら…」ということで、あまり見たことのないアイス同士を混ぜて食べるというアレンジ方法。

ミカンジュースにサクレレモンを混ぜておいしいなら、「レモンとオレンジを混ぜてもおいしくなるのではないか」という発想で、まずはこの2つを掛け合わせしてみました。

「なぜ、今までこのアイスが出ていなかったんだ!」というほど、おいしい組み合わせ!

さっぱりしていて、なおかつオレンジとレモンのおいしさも残っています。

もし、サクレオレンジとサクレレモンが手に入ったら、掛け合わせて新しい『オレンジレモン』として食べるのもアリだと思いますよ!

そして、冒険心から、追加で白桃を入れてみることに…。

おいしくないというワケではないのですが、それぞれの味が際立っていて、ミックスジュースのような状態になってしまいました。

これは1つずつ食べたほうがおいしいかもしれません。

あなたも、オリジナルの食べ方でサクレカップシリーズを楽しんでみてはいかがですか。

【サクレ 白桃】
価格:130円(税抜)
内容量:200㎖

【サクレ レモン】
価格:130円(税抜)
内容量:200㎖

【サクレ オレンジ】
価格:130円(税抜)
内容量:200㎖

[文・構成/grape編集部]

関連リンク

  • 4/25 17:31
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます