バルサ究極のオールラウンダーがクラブ公式戦300試合出場へ

拡大画像を見る

ロナルド・クーマンがエスタディオ・デ・ラ・セラミカでのビジャレアル戦でセルジ・ロベルトに出場時間を与えれば、FCバルセロナで公式戦300試合に出場した選手の仲間入りを果たすことになる。

セルジ・ロベルトは、2006年に14歳でナスティック・タラゴナからバルサのユースに入団し、ビクトル・サンチェスのカデーテBでプレーした。トップデビューは18歳で、ペップ・グアルディオラが率いていた2010年11月10日の国王杯セウタ戦(5-1○)だった。

トップチームに定着したのは、3シーズン後の2013-14シーズンになってからである。リーグ戦17試合、国王杯6試合、チャンピオンズリーグ4試合に出場した。

ユースでの実績としては、カデーテB、カデーテA、フベニールB、フベニールAでのリーグ優勝、ルイス・エンリケ・マルティネス率いるバルサBでのセグンダBからセグンダAへの昇格などがある。

セルジ・ロベルトはトップチームで通算299試合に出場している。今シーズンは全大会での300試合達成に加えて、リーガエスパニョーラでの200試合出場まで残り6試合に迫っている。多才な選手で知られる彼は、これまでGK以外すべてのポジションを経験してきたが、エリート選手としてはミッドフィールドや右サイドバックとして優れた能力を発揮している。

2022年6月までの契約と5億ユーロの契約条項を持つレウス出身の選手は、23のタイトルを獲得しており、FCバルセロナの古参の一人である。セルジ・ロベルトの名誉あるリストには、リーガエスパニョーラ優勝6回、国王杯優勝6回、スペインスーパーカップ優勝5回、チャンピオンズリーグ優勝2回、ヨーロピアンスーパーカップ優勝2回、クラブワールドカップ優勝2回などがある。

■セルジ・ロベルトの出場記録は以下の通り。

リーガエスパニョーラ:194試合(3得点)
チャンピオンズリーグ:51試合(3得点)
国王杯戦:46試合(4得点)
スペインスーパーカップ:5試合(0得点)
欧州スーパーカップ:1試合(0得点)
クラブW杯:2試合(0得点)

関連リンク

  • 4/25 16:00
  • SPORT.es

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます