ノンフィクション映画おすすめ10選!恐ろしい衝撃の実話を描いた名作を紹介!

拡大画像を見る

「実話をもとにした」衝撃的おすすめ作品10本を紹介します! 今回は恐ろしい実話の縛りで紹介!

バイス

バイス

バイス

2018年/アメリカ/132分

作品情報 / レビューはこちら

あらすじ
酒癖の悪い青年チェイニーは、1960年代半ば頃、才女であり後に結婚する恋人リンに尻を叩かれ、政界を目指した。後に国防長官となるドナルド・ラムズフェルドのもとで政治の表と裏を学び、次第に権力の虜に。大統領主席補佐官、国務長官を経て、2001年ジョージ・W・ブッシュ政権の副大統領に就任。大統領の影に隠れる地位を逆手に取り、入念な下準備をし大統領を操って強大な権力をふるうように。2001年9月11日に同時多発テロ事件が起こると、ジョージ・W・ブッシュ大統領を差し置いて危機対応にあたり、イラク戦争へと導く。幽霊のように自らの存在感を消したまま、意のままに法をねじ曲げ国民への情報操作をし、チェイニーはその後のアメリカと世界情勢に多大な影響を与えていく。

出典元:https://eiga-board.com/movies/91433

『俺たち○○』シリーズでブレイクしたおバカ映画の名手アダム・マッケイが『マネーショート 華麗なる大逆転』に続いて、実話の胸糞悪い話を映画化した政治ブラックコメディ。

ジョージ・ブッシュ政権の”副”大統領ながら、憲法解釈の抜け穴を突きまくって米国史上最大の権力を手に入れ、アメリカをイラク戦争に突入させた男ディック・チェイニーの半生を描いている。

政治家になるような偉い人でもしっかり監視していないと好き放題自分のやりたい放題やってしまうという身もふたもない事実を、マッケイ流の意地悪な目線で描いている。

チェイニー本人がとんでもない悪人というわけではなく、権力という麻薬に狂わされていくようにどんどん人相が変わっていくさまが描かれていて恐ろしい。

ブッシュ、パウエル、ライスなどの懐かしの米政治家たちの激似っぷりにも注目。

凶悪

凶悪

凶悪

2013年/日本/128分

作品情報 / レビューはこちら

あらすじ
ある日、雑誌『明朝24』の編集部に一通の手紙が届いた。それは獄中の死刑囚(ピエール瀧)から届いた、まだ白日のもとにさらされていない殺人事件についての告発だった。彼は判決を受けた事件とはまた別に3件の殺人事件に関与しており、その事件の首謀者は“先生”と呼ばれる人物(リリー・フランキー)であること、“先生”はまだ捕まっていないことを訴える死刑囚。闇に隠れている凶悪事件の告発に慄いた『明朝24』の記者・藤井(山田孝之)は、彼の証言の裏付けを取るうちに事件にのめり込んでいく……。

出典元:https://eiga-board.com/movies/71274

上申書殺人事件と呼ばれる実在の殺人事件を描いたサスペンスで、のちに『日本で一番悪い奴ら』『孤狼の血』などを撮る白石和彌の出世作。

文字通り凶悪なピエール瀧とリリー・フランキーの怪演、そしてそれにリアクションする山田孝之の静かな受けの名演が光る。

途中から回想として犯人二人の極悪犯行模様が描かれるのだが、ちょっとはしゃいだ感じのアゲ感のある描写に楽しくなってしまう不謹慎さにドキッとさせられる。

じじぶうなどの殺される面々の絶妙な顔と演技にも注目です。

グッドフェローズ

グッドフェローズ

グッドフェローズ

1990年/アメリカ/145分

作品情報 / レビューはこちら

あらすじ
ヘンリー・ヒル(レイ・リオッタ)は幼い頃より、“グッドフェローズ”と呼ばれるマフィアの世界に憧れ、12歳の時からブルックリンの街を牛耳るポール・“ポーリー”・シセロ(ポール・ソルビノ)のもとで使い走りを始める。やがてヘンリーは本物のマフィアとして、強奪専門のジミー・コンウェイ(ロバート・デ・ニーロ)や、チンピラのトミー・デビート(ジョー・ペシ)といった仲間たちと共に荒仕事に手を染める日々を送るようになる。何度かの刑務所暮らしを経ながらも、ヘンリーはカレン(ロレイン・ブラッコ)と結婚、子供ももうける。そして1978年、ケネディ空港で犯罪史上空前の600 万ドル強奪事件が発生、FBIの威信をかけた捜査が始まるが、事件の鍵を握る証人たちは実行犯のジミーらの手によって次々と口を封じられてしまう。

出典元:https://eiga-board.com/movies/2723

マーティン・スコセッシの代表作の一つで、一代記をハイスピードでナレーション付きで語る形式の実録映画のはしりとなった記念碑的名作。

末端マフィアながらも周りにでかい顔ができるイケイケ生活、という日常系マフィア映画としてぐいぐい話が進んでいき、楽しそうでもあるのだが、時折ドン引きするようなバイオレンスおよび、いつ死ぬかわからない世界ということを突き付けてくるのが恐ろしい(特にジョー・ペシ)。

ちなみに、後半はその生活がとある事件で崩されるのだが、その際のマフィアたちの保身および相手の切り捨てっぷりにもゾッとされられ、最後は祭りが終わってしまったかのような寂寥感がある。

ヘンリー

ヘンリー

ヘンリー

1986年/アメリカ/83分

作品情報 / レビューはこちら

あらすじ
ヘンリー(マイケル・ルーカー)は14歳の時、自分に女装させて学校に行かせていた娼婦の母親を憎み、殺害。それ以来殺人を犯すようになった彼は、警察に尻尾を掴まれたことのない、完全犯罪の連続殺人鬼だ。いつからか、ヘンリーにはオーティス(トム・トールズ)という同居者ができた。オーティスにはベッキー(トレーシー・アーノルド)という妹がおり、ある日、彼女は亭主の暴力に耐えかねて逃げてきて、2人の共同生活に加わる。オーティスがしきりに妹であるベッキーの身体を狙い、ヘンリーがそれを道徳的にたしなめる。ベッキーは寡黙なヘンリーに惹かれ始める。ある日、オーティスはある男に殺意を抱き、暴れる。ヘンリーは興奪するオーティスを抑えつけ、言い聞かせる。「殺すのなら、関係ない奴を殺せ。誰を殺したって、胸がスッとするのは同じだ」。初めて売春婦を殺した時はまっ青で震えたオーティスも、段々と馴れてきた。ヘンリーとオーティスは幾度となく殺人を重ねる。だが、3人の生活にも破局の時がきた。

出典元:https://eiga-board.com/movies/8086

一説には300人を殺したともいわれる変態殺人愛好家ヘンリー・リー・ルーカスの半生を淡々と静かに描くトラウマ映画。

主演は『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のヨンドゥでおなじみマイケル・ルーカーで、彼の強面っぷりが最高に活かされている。

殺人描写はあえて直接見せずに、静止画で悲鳴と嫌な音だけ聞かせるという演出でじわじわと心をえぐられる。

そんなヘンリーにも大切な人ができかけるのだが…というラストも切ない。

八甲田山

八甲田山

八甲田山

1977年/日本/169分

作品情報 / レビューはこちら

あらすじ
「冬の八甲田山を歩いてみたいと思わないか」と友田旅団長から声をかけられた二人の大尉、青森第五連隊の神田と弘前第三十一連隊の徳島は全身を硬直させた。日露戦争開戦を目前にした明治三十四年末。第四旅団指令部での会議で、露軍と戦うためには、雪、寒さについて寒地訓練が必要であると決り、冬の八甲田山がその場所に選ばれた。二人の大尉は責任の重さに慄然とした。雪中行軍は、双方が青森と弘前から出発、八甲田山ですれ違うという大筋で決った。年が明けて一月二十日。徳島隊は、わずか二十七名の編成部隊で弘前を出発。行軍計画は、徳島の意見が全面的に採用され隊員はみな雪になれている者が選ばれた。出発の日、徳島は神田に手紙を書いた。それは、我が隊が危険な状態な場合はぜひ援助を……というものであった。一方、神田大尉も小数精鋭部隊の編成をもうし出たが、大隊長山田少佐に拒否され二百十名という大部隊で青森を出発。神田の用意した案内人を山田がことわり、いつのまにか随行のはずの山田に隊の実権は移っていた。神田の部隊は、低気圧に襲われ、磁石が用をなさなくなり、白い闇の中に方向を失い、次第に隊列は乱れ、狂死するものさえではじめた。一方徳島の部隊は、女案内人を先頭に風のリズムに合わせ、八甲田山に向って快調に進んでいた。体力があるうちに八甲田山へと先をいそいだ神田隊。耐寒訓練をしつつ八甲田山へ向った徳島隊。狂暴な自然を征服しようとする二百十名、自然と折り合いをつけながら進む二十七名。しかし八甲田山はそのどちらも拒否するかのように思われた。

出典元:https://eiga-board.com/movies/18685

日露戦争前の世界史上最大といわれる雪山遭難事故の全貌を描いた超大作で、実際に事故現場の八甲田山で撮影したすさまじい映像に度肝を抜かれる。

雪山の過酷さも恐ろしいのだが、それ以上に日本の縦割り社会の悪い面が全部出たような末端への無茶ぶり、そして「何とかなるだろう」と予測ではなく願望で行動してしまった場合の代償の大きさ、準備の大切さを教えられ身が引きしまる。

遭難してからの狂乱の大量死は壮観ですらあります。

ホテル・ムンバイ

ホテル・ムンバイ

ホテル・ムンバイ

2018年/オーストラリア=インド=アメリカ/123分

作品情報 / レビューはこちら

あらすじ
2008年11月26日、インド・ムンバイで同時多発テロが発生。歴史ある五つ星ホテルが武装集団に占拠される。500人もの宿泊客と従業員が人質となるが、特殊部隊の到着は数日後だという。ホテルに残った従業員たちは、自らの命を危険にさらしながら宿泊客を逃がそうと奔走する……。

出典元:https://eiga-board.com/movies/92170

2008年にインドで起きた大量虐殺テロ事件、その中心でまきこまれたホテル・ムンバイの従業員と宿泊客たちのサバイバル劇が描かれる。

冒頭からノンストップで描かれる銃での殺戮、ホテル内部の恐怖のかくれんぼ、鬼ごっこ、と冗談抜きのはらはらが心臓に悪い。

そしてテロリストたちもとある人物から洗脳されたかわいそうな青年たちとして描かれており、彼ら側の事情にも胸が締め付けられるような切なさがある。

テロリストたちの行動原理に宗教がかかわっている一方で、デヴ・パテル演じる主人公の人々を何としても救おうとする精神性にも宗教があるのが対比的で、考えさせられる映画です。

エレファント

エレファント

エレファント

2003年/アメリカ/81分

作品情報 / レビューはこちら

あらすじ
オレゴン州ポートランド郊外にある高校での、初秋のとある一日。男子生徒のジョン(ジョン・ロビンソン)は、酒に酔った父(ティモシー・ボトムズ)と車に乗って学校に到着。父のだらしなさに呆れつつ、彼を迎えに来てくれるよう兄に電話する。写真好きのイーライ(イライアス・マッコネル)は、公園を散歩中のパンク・カップルを撮影。アメフトの練習を終えたネイサン(ネイサン・テイラー)は、ガールフレンドのキャリー(キャリー・フィンクリー)と待ち合わせる。学食では仲良し3人組の女子、ジョーダン(ジョーダン・テイラー)とニコル(ニコル・ジョージ)とブリタニー(ブリタニー・マウンテン)が、ゴシップとダイエットの話。そして食べたばかりの昼食をトイレで吐き出す。クラスルームではGSAと呼ばれる同性・異性愛会が開かれ、議論に熱が入る。自意識過剰の文科系女子ミシェル(クリスティン・ヒックス)は教師にチクチク文句を言われている。物理の授業では熱心に質問する生徒と、後ろの席のアレックス(アレックス・フロスト)に濡れたティッシュ玉を投げつけるいじめっ子がいる。アレックスと親友のエリック(エリック・デューレン)は、宅配便で銃を受け取ると、二人一緒にシャワーを浴び、これまで経験のなかったキスを試してみる。そして重装備を抱えて校舎に入っていき、外に出たジョンとすれ違ったあと、校内の人間を次々と射殺。やがてアレックスはエリックを射殺し、食肉貯蔵庫に隠れていたネイサンとキャリーを追い詰めていくのだった。

出典元:https://eiga-board.com/movies/36938

2001年のコロンバイン銃乱射事件をモチーフにし、独特の演出で映画化した青春群像劇。

誰が主人公かもわからないまま、それぞれの学生たちの普通の日常が描かれるのだが、それと並行して同じくらいの年齢の青年たちが淡々と殺戮のための武器を用意しているシーンもはさまれる。

そして、何のためもなくいきなり始まる虐殺。

BGMもなく、そして死ぬ登場人物たちの辞世の句もなく、淡々と乱射事件が描かれているのがとにかく恐ろしい。

長回しで嫌な緊張感をあおってくるのも嫌で最高。

チェイサー

チェイサー(2008)

チェイサー(2008)

2008年/韓国/125分

作品情報 / レビューはこちら

あらすじ
元刑事のジュンホ(キム・ユンソク)が経営するデリヘルの女たちが相次いで行方をくらましていた。彼女たちに渡した高額な手付金を取り戻すため、怒り心頭のジュンホは捜索を開始。失踪した女の車の中にあった携帯電話の着信履歴に“4885”という数字を見つける。部下から、たった今、ミジン(ソ・ヨンヒ)を斡旋した客の番号も末尾が同じだったことを聞き、ジュンホは二人の後を追ってマンウォン町へと向かった。一方、住宅街に佇む大きな家に迎えられたミジンは、男によって手足を縛られ監禁されていた。行方不明の女たちがこの男に殺されたことを察したミジンは泣き叫び必死に命乞いをするが、金槌とノミで頭を打たれてしまう。ミジンに電話が繋がらずイラついていたジュンホは、車の接触事故をきっかけにヨンミン(ハ・ジョンウ)という怪しい男に遭遇、長い逃走劇の末、ついに彼を捕獲し警察に引き渡す。「女たちは俺が殺した。そして、最後の女はまだ生きている」と告白するヨンミンだったが、自供のみで何一つ物的証拠がない。そんな状況にイ刑事(チョン・インギ)たちは焦っていた。遺体を発見しない限り、12時間後にはヨンミンを釈放しなくてはならないのだ。ヨンミンは殺し方や死体の処理方法については詳細に語るが、それ以上については固く口を閉ざしていた。刑事たちが遺体の捜索に躍起になる中、ジュンホは一人でミジンを捜し回っていた。古巣の警察に協力し、DNA鑑定をするためミジンの家に向かったジュンホは、そこでミジンの幼い娘ウンジ(キム・ユジョン)に出会う。少女を一人残していくことができなくなった彼は、嫌々ながらもウンジを連れていくことにする。そんな中、ミジンはやっとのことで手足の拘束を解き、家から逃げ出し、近くの雑貨店に駆け込んだ。しかし、その店には、検事の判断により証拠不十分で既に釈放されたヨンミンがタバコを買いに向かっていた……。

出典元:https://eiga-board.com/movies/39965

韓国の風俗嬢が次々失踪し殺されていた実際の事件をもとにしたサイコスリラー。

序盤で犯人が捕まるという意表を突いた展開、そして警察が無能すぎるのもあって、つかまっていても一切安心できず緊張感の続く展開、異様な画力の画面、容赦ないバイオレンス、そして本作でブレイクしたキム・ユンソクとハ・ジョンウの名演。

救いのないラストの映画の代表例として挙げられる胸糞サスペンスンの名作です。

チェンジリング

チェンジリング(2008)

チェンジリング(2008)

2008年/アメリカ/142分

作品情報 / レビューはこちら

あらすじ
1928年、ロザンゼルス。クリスティン・コリンズ(アンジェリーナ・ジョリー)は、9歳の息子ウォルター(ガトリン・グリフィス)を抱えたシングルマザー。彼女は息子の成長だけを生きがいに、日々を送っていた。だがある日突然、ウォルターが自宅から姿を消す。警察に捜査を依頼するクリスティン。そして5ヵ月後。警察からウォルター発見の朗報が。だが、クリスティンの前に現れた少年はウォルターではなかった。すぐさま、少年が別人であることをジョーンズ警部(ジェフリー・ドノヴァン)に訴えるクリスティン。だが、警察の功績を潰されたくない警部は“容貌が変わっただけだ“と取り合わない。繰り返し再捜査を願い出るが、逆に警部に依頼された医師が彼女のもとを訪れ、自分の息子がわからなくなったクリスティンに問題があると診断を下す。時間だけが過ぎていく中、彼女のもとにグスダヴ・ブリーグレブ(ジョン・マルコヴィッチ)と名乗る牧師から電話が入る。警察の腐敗を追及する彼は、新聞で事件を知り、クリスティンの危機を察知して連絡してきたのだった。ブリーグレブを味方に、息子を探すクリスティンの戦いが始まる。だが、それを知った警察は彼女を精神病院に入院させる。そこで知ったのは、彼女同様、警察に反抗して精神病院送りにされた女性が多数いるという事実だった。ブリーグレブの尽力でクリスティンは何とか退院できたものの、ウォルターの行方は依然として知れない。そこへ、郊外の農場で子供の死体が発見される事件が発生。被害者の一人がウォルターである可能性が出てくる。これにより、人違いを認めた警察だったが、ウォルターが農場で殺されたと早々に断定する。これを聞いたクリスティンは、あくまで警察と戦い、息子を取り戻すことを決意。やがて、逃亡犯ゴードン・ノースコット(ジェイソン・バトラー・ハーナー)が逮捕される。事件発生から7年、彼女が知る真実とは……。

出典元:https://eiga-board.com/movies/39762

実話映画の名手クリント・イーストウッドが、珍しく凶悪事件を題材にして描いた、じわじわと恐ろしいサスペンス。

実の子がいなくなって帰ってきた、しかし、我が子ではない…、という世にも奇妙な物語のような設定なのに実話だというのがゾッとしてしまうが、そこからいろいろな事実が明らかになっていくとさらに空恐ろしくなってくる。被害者でしかないはずの主人公の母親がなぜか犯人扱いされてしまう司法システム、そして世間の目も怖い。

ラストはハッピーエンドとはいいがたいが、母は強しと唸らされ、静かな感動が訪れる。

ゲティ家の身代金

ゲティ家の身代金

ゲティ家の身代金

2017年/アメリカ/133分

作品情報 / レビューはこちら

あらすじ
“世界中のすべての金を手にした”と言われた世界一の大富豪、石油王のジャン・ポール・ゲティ(クリストファー・プラマー)の17歳の孫ポールが誘拐され、1700万ドルという破格の身代金を要求される。しかし、大富豪であり稀代の守銭奴でもあるゲティは、その支払いを拒否する。ポールの母ゲイル(ミシェル・ウィリアムズ)は離婚によりゲティ家を離れ、一般家庭の人間になっていた。彼女は息子のために誘拐犯だけでなく、ゲティとも戦うことになる。警察から狂言誘拐を疑われ、マスコミに追い回され、ゲイルは疲弊していく。一方、身代金が払われる様子がないことに犯人は痺れを切らし、ポールの身が危なくなっていた。ゲティはそれでも頑なに身代金を支払おうとしない。ゲイルは愛する息子のため、一か八かの賭けに出る。

出典元:https://eiga-board.com/movies/89766

誘拐がテーマの映画はたくさんあるが、身代金を要求されて、払える額自体は余裕なのにドケチな大富豪祖父が払ってくれないという、誘拐した組織より身内が怖いという実話の映画。監督はSF、歴史大作、サスペンス、なんでも撮る巨匠リドリー・スコット。

誘拐された青年がどんどん追い詰められ、逃げようとするもそれも無駄で、最終的には○○を○○されるという嫌すぎる目にあっている一方で、底意地の悪い祖父を説得するしか道のない母親の絶望感も描かれ、どうなっていくのか予想がつかず手に汗握る。

ゲティが身代金を払わない理由が、孫が大切じゃないから、意地悪したいから、というのではなく、身もふたもない損得勘定ゆえの合理的判断なのが余計に怖い。

関連リンク

  • 4/24 13:19
  • 映画board

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます