パチンコでGWに儲ける「必勝5か条」!激アツ機種は『P中森明菜』と…!

拡大画像を見る

 GWやお盆といった長期休暇は、釘が渋くなり“回収営業”――。長年、パチンコを打ってきた人なら、誰もが聞いたことのある定説だ。しかし、最近のパチンコホールは事情が違う。

「以前のホールは、“7の日”といったイベント告知で集客を狙っていましたが、現在は広告規制で、それができません。そこで、常連客確保のため、GWやお盆、年末年始に出玉をアピールする“サービス営業”をするホールが増えているんです」(ホールコンサルタント会社関係者)

 コロナ感染者数の増加を受けて、一部地域では「まん延防止等重点措置」が実施されている昨今。GWも遠出することが減りそうなだけに、パチンコで小遣い稼ぎといきたいところだ。

 では、具体的に、どのように立ち回ればよいのか? 本誌で劇画『麻雀放浪記風雲篇』で構成協力も務める、ギャンブルライターの浜田正則氏が解説する。

「大原則として、駐車場の混んでいる店を選んでください。不景気だからこそ、ホール間の格差が顕著で、駐車場がガラガラの店は総じて釘が渋い。逆に、朝から行列ができているお店は、“ガバアキ”のサービス台がゴロゴロあります」

 また、“4円パチンコ”を狙うことも重要だという。

「知り合いの店長に聞いたところ、GW中は1円パチンコなどの低貸し玉のコーナーは回収営業にする店が多いそうです。その代わり、4円パチンコは“見せ台(解放台)”を置くつもりとのことなので、打つなら絶対に、こっちです」(前同)

■“芸能人タイアップ機種”が狙い目

 機種選びでは、年配客向けの“芸能人タイアップ機種”が狙い目だという。

「これまでホールは、若者を集客するためアニメやゲームのタイアップ機を推してきましたが、こうした状況に一石を投じたのが、『Pピンクレディー』と『P中森明菜』の2機種。これらは年配層を狙った機種ですが、特に『P中森明菜』の評判は上々で、増台を考えているホールが多いため、しばらくは“甘い調整”が期待できますね」(同)

 規定回数ハマると時短状態になる“遊タイム”搭載機種についても、狙い目の台があるという。

「ズバリ半年から1年ほど前にリリースされた初期の遊タイム機です。そうした台が今、天井近くで捨てられていたりするので、拾いどき。狙ってみるのもアリでしょう」(同)

 最後に、打つなら、GW中のどの日がいいのか。

「5月4日の『海物語シリーズ』の日や、5月5日の『ジャグラーGOGO!』の日などは、見せ台のある確率が高いはずです」(同)

 パチンコで、ひと儲け!?

関連リンク

  • 4/25 12:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます