櫻井翔が主演ドラマ「ネメシス」で披露したラップに賛否の声

拡大画像を見る

 広瀬すずと櫻井翔がW主演を務めるドラマ「ネメシス」(日本テレビ系)の第2話が4月18日に放送され、番組の中で櫻井がラップを披露。歓喜の声が上がる一方、苦言を呈する声も寄せられている。

 このドラマは、ポンコツ探偵・風真尚希(櫻井)と天才すぎる助手・美神アンナ(広瀬)の凸凹バディが、難解な事件を解決していくミステリー。第2話は「探偵事務所ネメシス」に中学生の神谷節子(田牧そら)が訪問。児童養護施設でともに育った兄・神谷樹(窪塚愛流)が1週間前から行方不明。ラッパーを目指している樹を探しに、出入りしていたクラブに潜入するという展開だった。

 番組では、頻繁にラップシーンが登場。なかでも事件が解決した後に櫻井演じるカザラップが、「Yeah なれるよイ・ツ・キ なれるに決まってるだろイ・ツ・キ」という長めのラップを披露。すると嵐活動休止後初めて披露する櫻井のラップに「えっ、まってネメシスで泣いた。最後‥‥サクラップ久々に聴いた」「ドラマでラップする櫻井翔かっこよすぎ」「サクラップならぬカザラップ! あぁ、本物だぁ」とファンはSNS上でも狂喜乱舞。

 ところが、このラップが波紋を呼ぶことに。

「このドラマで総監督を担当する入江悠氏は、映画『SR サイタマノラッパー』シリーズで話題を呼んだ注目の監督。ラッパーの般若も出演するなど期待が高かっただけに、樹を演じる窪塚洋介の息子・窪塚愛流や櫻井のラップシーンには、『ダサすぎる』『これは完全に放送事故』といった辛口コメントも殺到。期待が大きかっただけに、がっかりする視聴者も多かったようです」(芸能ライター)

 櫻井ファンもラップファンも喜ぶ演出をしてほしかった?

(窪田史朗)

関連リンク

  • 4/25 10:14
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます