メーガン妃の人種差別に関する発言に「そこまで言っちゃうの?」 インタビュー中に驚愕したオプラ・ウィンフリー

拡大画像を見る

米時間3月7日に放送されたヘンリー王子・メーガン妃夫妻のインタビュー『Oprah With Meghan And Harry: A CBS Primetime Special』は、そのショッキングな内容が波紋を呼び、放送から1か月以上が経過した今も度々メディアに取り上げられている。

そんなインタビューで司会という大役を務めたのは、ジャーナリストのオプラ・ウィンフリーだ。メディアリーダー、慈善家、プロデューサー、女優など様々な顔を持つオプラだが、本業ではこれまで政治家やアスリート、アーティストなど一流人物の取材を数多く手がけ、その深く切り込んだインタビューが定評を得てきた。米時間23日にはライブ配信番組『TalkshopLive』に出演し、ヘンリー王子・メーガン妃夫妻の衝撃インタビューを振り返った。

「大きなインタビューの前に、私は毎回その人物と事前に打ち合わせの機会をもうけるのですが、ハリーやメーガンとはインタビューの前に会うことが叶いませんでした。でも私は2人にメールをし、インタビューの意図を明確にすることが非常に重要だと伝えました。ゴールの実現に向け連携できるよう、あなた達の意図を聞かせてほしい、と。」

夫妻と収録前にそのようなやりとりを交わしたオプラだったが、インタビューでは夫妻が「真実を伝えること」や「できる限り正直・誠実に、自分達の言葉で語ること」にこだわったと明かした。

実際のインタビューでは、ヘンリー王子の家族との確執やメーガン妃の自殺願望などショッキングな内容が多々語られたが、とりわけ大きな注目を集めたのは王室内における人種差別に関する妃の発言であった。アーチーくんを妊娠中、王室内では「生まれてくる赤ちゃんの肌色トーン」を懸念する声が複数のメンバーの間であがっていた、と伝えたメーガン妃。インタビューではその発言に対し「なんですって?」と目を見開いていたオプラだが、その時の心境を次のように語っている。

「私は驚きを隠せませんでした。」
「『えっ?』という感じでしたね。そこまで言っちゃうの? あえてそこまでぶっちゃけてしまう気? とね。」

インタビュアーとして豊富な経験を持つオプラでさえも、包み隠さず話す妃のオープンな姿勢には度肝を抜かれてしまったようだ。

ちなみに先月7日にオンエアされたインタビューは2時間だったが、実際の収録は3時間超の長丁場だったそうで、収録を終えた時のことをオプラはこう振り返っている。

「インタビューは確か3時間20分だったと記憶しています。私は立ち上がり、現場クルーにこう伝えました。『ここで語られた内容の重さ、そしてそれをシェアしてくれた人達の信頼を守ることの大切さは、皆さん理解していますね。ですからここで起きたことを皆さんが口外しないことを願っています。』」

結果的にオンエア前に内容をリークした者は誰1人としていなかったとのこと、『CBS』にクリップ(映像の一部を短くカットしたもの)をリリースした際も、内容が悪用されないよう細心の注意を払ったそうで、オプラは同インタビュー公開に向け、事前に「たくさんの時間と労力、そしてエネルギーが注がれた」ことを明かした。

そんなオプラの努力が実り、『Oprah With Meghan And Harry: A CBS Primetime Special』は世界中で一大センセーションを巻き起こす結果となった。調査会社「ニールセン」の調べでは、放送当日アメリカで1700万超の人々が同番組をリアルタイムで視聴、翌日の放送となったイギリスでも1100万人超、ピーク時には1240万人もの国民が同番組にチャンネルを合わせていたことが明らかになっている。これはイギリスの全人口のおよそ5分の1にあたる数字で、『CNN』は「この時間帯におけるイギリス国内のテレビ視聴者の過半数が、同番組を見ていたことになる」と伝えたほか、英米両国における同番組への国民の関心の高さ、そしてそれを裏付ける驚異的な数字を「文化的激震」であると報じていた。

画像は『Oprah 2021年3月17日付Instagram「My next Oprah’s Book Club pick is not one but four books: “Gilead,” “Home,” “Lila,” and “Jack” by Marilynne Robinson.」、2021年3月8日付Instagram「Today’s the day.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 c.emma)

関連リンク

  • 4/25 10:13
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます