香取慎吾『新選組!』は2位!「最高に面白かった」歴代大河ドラマランキング

拡大画像を見る

 吉沢亮主演のNHK大河ドラマ『青天を衝け』が、18日放送で10回を迎えた。この日の視聴率は13.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、好調が続いている。今回の吉沢の主演も好評だが、2022年の大河は小栗旬主演、脚本は三谷幸喜による『鎌倉殿の13人』に決定し、新垣結衣の出演が発表されたことも話題になっている。また、2023年の大河主演には嵐の松本潤も決定したことも注目を集めた。これからの作品はもちろん、NHK大河ドラマには名作と呼ばれる作品が多い。そこで今回は、10~50代の男女300人に過去20年に放送された中で「一番好きな大河ドラマ」について聞いてみた。

 第4位には、2016年放送の堺雅人主演『真田丸』。

 こちらの脚本は、来年の大河の脚本も担当する三谷幸喜。ナレーターは当時、NHKに在籍していた有働由美子アナウンサーが担当。、大坂の陣で天下人の徳川家康に対抗、後に「日ノ本一の兵(つわもの)」と称えられた真田信繁(幸村)を堺が演じた。堺演じる主人公はもちろん、共演俳優たちのキャラの濃さも人気で、全50話の平均視聴率は16.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と高かった。当時16歳で、まだブレイク前の永野芽郁も出演しており、彼女はこの後、2018年のNHK連続テレビ小説『半分、青い。』の主演で大ブレイクした。

『真田丸』を選んだ人からは「堺雅人さんの演技がとても印象的だった」(17歳/男性/学生・フリーター)という意見が多数、他には「草刈正雄さんの演技が圧巻だった。全般にわたって面白くて魅力的でした」(48歳/男性)、「役者の演技だけでも楽しめた。コミカルな会話劇が面白く、歴史好きにはたまらなかった」(23歳/学生・フリーター)「脚本がとにかく面白かった。視聴者を裏切りかつ意外性のある脚本。魅力あるキャスティングが良かった」(57歳/男性/営業・販売)、「登場人物のセリフがわかりやすく、進行がゆったりしていて話についていきやすかった」(56歳/女性/主婦)など、キャスト、脚本を絶賛する声が続いた。

■現役アイドルが大河主演に

 第2位は、2004年の香取慎吾主演『新選組!』と2010年の福山雅治主演『龍馬伝』が同率でランクイン。

 当時SMAPのメンバーだった香取慎吾主演の『新選組!』も、脚本は三谷幸喜。近藤勇を主人公に新選組を題材にしつつ、既存の歴史小説を原作としないオリジナル作品で、史実と異なる大胆な創作も盛り込まれていた。NHK大河史上、現役アイドルが主演を務めるのもレアケースだったが、新選組のメンバーを山本耕史や藤原竜也、オダギリジョーなどが演じたことも話題になった。

『新選組!』を選んだ人からは「香取くんがかっこよかった。当時絶大な人気のアイドルだったが、迫力がある近藤勇に心を打たれた」(29歳/男性/金融関係)、「香取くんの主演が新鮮で印象深かった」(33歳/女性)という声や、「それまで年配の役者が演じていた新選組の隊士を、ほぼ同年代が演じたところ。若さがあって良かった。特に土方を演じた山本耕史が突出していた」(56歳/女性/総務・人事・事務)、「他の大河はあまり見ていないが、出演陣が豪華で破天荒な感じが面白かった」(27歳/女性/総務・人事・事務)、「三谷ワールド。とても分かりやすくコミカルで楽しめた」(36歳/男性/会社経営・役員)など、堅苦しい大河のイメージを覆した作品だと評価されていた。

 福山雅治主演の『龍馬伝』は、三井財閥の創業者である岩崎弥太郎の視点から竜馬の生涯を描いたストーリー。トップアーティストの福山だけではなく、及川光博や大泉洋、香川照之、上川隆也、佐藤健、広末涼子、真木よう子など、多くの人気俳優の出演でも注目された。同ドラマで勝海舟を演じ、若い頃から坂本龍馬を敬愛する武田鉄矢は、福山の演じる龍馬を「ハンサムな龍馬」と大絶賛していた。

『龍馬伝』には「福山雅治がハマり役で、歴史的事実もふんだんに盛り込まれていたのが良かった」(48歳/男性/公務員)、「福山雅治さんの演技と、坂本龍馬の生い立ちがマッチしていた」(26歳/男性)、「これまでと違う視点からの描き方が面白かった。威風堂々した龍馬がかっこよかった」(37歳/男性/総務・人事・事務)、「福山雅治がとにかくかっこよかった。ストーリーはもちろんだが、龍馬や周辺のキャスティングも素晴らしかった」(45歳/男性/研究・開発)、「竜馬と岩崎弥太郎の絡み」(49歳/女性/主婦)、「役者さんたちのテンション高くて面白かった。最終回まで毎週かかさずみたのは、初めてだった」(52歳/女性/主婦)など、男性から圧倒的な支持を受けていた。

■歴史マニアも絶賛

 そして第1位は、2020年の長谷川博己主演『麒麟がくる』。

明智光秀の生涯を描いた『麒麟がくる』だが、従来とは異なる解釈で戦国時代を描き、光秀の生い立ちにスポットを当て、織田信長や徳川家康らの蠢動から活躍までを見せた群像劇。コロナ禍で放送が一時休止され、年をまたいで放送されるなど、異例の大河となった。全編の平均視聴率は14.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で、『真田丸』以来の高水準を記録した。

『麒麟がくる』には、「長谷川博己が好きだったのと、地元が舞台だった」(45歳/女性/学生・フリーター)、「裏切り者のイメージがかなり変わった。川口春奈もかわいかった」(20歳/男性/学生・フリーター)、「今井翼が出ていたから」(51歳/女性/主婦)、「岡村隆史さんが好きだから」(38歳/男性/コンピュータ関連技術職)などキャスティングを挙げる人や、「最初から話を見ていなくても引き込まれるし、みんなの演技に迫力があって素晴らしかった。歴史の勉強になって良かった」(22歳/男性/学生・フリーター)、「明智光秀の新たな一面が見られて面白かった」(34歳/女性/主婦)、「石田三成の描き方が面白かった。切ない本能寺の変だった」(57歳/男性/研究・開発)、「織田信長と明智光秀の人物造形がユニークで感動的だった」(52歳/男性/公務員)など、歴史マニアからの称賛の声も多かった。

 上位に三谷脚本の作品が2本もランクインと、『鎌倉殿の13人』への期待も高まる。現在放送中の『青天を衝け』は、これからますます激動の展開を迎える。吉沢演じる渋沢栄一の活躍にも注目だ。

●一番好きな大河ドラマランキング
第1位:『麒麟がくる』主演:長谷川博己(2020年)
第2位:『新選組!』主演:香取慎吾 (2004年)、『龍馬伝』 主演:福山雅治 (2010年)
第4位:『真田丸』主演:堺雅人(2016年)
第5位:『篤姫』主演:宮崎あおい(2008年)
第6位:『利家とまつ~加賀百万石物語~』主演:唐沢寿明 、松嶋菜々子(2002年)
第7位:『西郷どん』主演: 鈴木亮平(2018年)
第8位:『軍師官兵衛』主演:岡田准一(2014年)
第9位:『風林火山』主演:内野聖陽(2007年)、『八重の桜』主演:綾瀬はるか(2013年)

関連リンク

  • 4/25 10:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます