中村倫也“青山”、磯村勇斗“ぺい”に居所を知られる!?過去に何が…

拡大画像を見る

中村倫也が主演を務める『珈琲いかがでしょう』(テレビ東京系、毎週月曜23:06~)の第4話が、4月26日に放送される。

同ドラマは、移動珈琲店「たこ珈琲」を営む主人公・青山一(中村)が行く先々で珈琲を淹れながら、人生に少し傷ついた人たちの心を癒していく物語。爽やかで飄々とした王子様に見える青山だが、その裏には想像を絶する秘密が!?

第3話の放送後、インターネット上では、青山のバーテン黒服や金髪ヤンキーの姿に「青山氏の表情が瞬時に戦闘モードになるさまがかっこよすぎ」「黒服&金髪の破壊力の凄まじさで、骨抜きだった」といった声が。また、スナックのママ・アケミを演じた滝藤賢一についても「滝藤さんの指も足もキレイすぎて嫉妬レベル」「滝藤さんがフツーに綺麗なお姉さん!」「こんなお店に通いたい」といったコメントがあがっていた。

<第4話あらすじ>
「ガソリン珈琲」
ワゴン車のタイヤがパンクした青山一(中村)は、ガソリンスタンドに立ち寄る。厳つい風貌の店主・ゴンザ(一ノ瀬ワタル)とは知り合いのようで、笑顔を見せる青山に「昔のお前を知っていると身の毛がよだつ」と言いながら整備をしている。

そんな中、一台のトラックがやってくる。セルフでガソリンを入れ始めた運転手の菊川貞夫(野間口徹)は、どこか不機嫌そう。無愛想ながらどこか寂し気な様子が気にかかった青山は……。

「ファッション珈琲」
青山は珈琲界で有名なカフェ店主・モタエ(光浦靖子)に、幻の珈琲豆を届ける。

すると店に垣根志麻(夏帆)が現れて……。一方モタエは、店で始めたワークショップに参加する生徒とのあるズレに悩んでいた。

その頃、ぺい(磯村勇斗)はとあるヤクザ事務所にいた。組員の花菱(渡辺大)に呼び出されたからだ。なにやら青山について話している2人。果たして2人と青山の関係は?

関連リンク

  • 4/25 9:00
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます