“2ポイントを損失した”マドリー ジダンは優勝を諦めず「最後まで戦う」

拡大画像を見る

レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督は、24日(土)行われたラ・リーガ32節レアル・ベティス戦にスコアレスで引き分けた後、同一戦を総括している。

フランス人指揮官は『Movistar+』のインタビューで、3ポイントを獲得できなかったことを悔やむも、今後の戦いへ思考を切り替え、優勝争いは終わっていないことを強調した。

「2ポイントの損失をしてしまった。でも続けることが大切だ。攻撃面で何かが足りなかった。リーグ戦が決着がついたわけではない。3日ごとにプレイするのは難しいんだ。どんなことがあっても、最後まで戦うよ。この試合のスタートは複雑だった。私たちは火曜日に再びプレーしなければならず、そこに集中したい」

「どのチームも全勝するとは考えていないし、我々のように失敗する可能性だってある」

また、ジダンは途中投入したアザールの状態についても言及し、「彼は貢献する準備ができている。彼は闘志を燃やして、エネルギーを持って入って行った。一番大事なのは、もう何も迷わないということだ。彼がチームに必要なのは間違いないからね」と明かした。

また、同監督は、27日(火)に控えているチャンピオンズリーグ準決勝1stレグ、チェルシー戦に向けてもコメントを残した。
「今日の引き分けは、火曜日の試合(チェルシー戦)には影響しない。準決勝の試合は今日よりもずっと複雑な状況になる。私たちはそのために戦うさ」

関連リンク

  • 4/25 7:48
  • SPORT.es

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます