クロップ監督 過密日程不可避のCL新方式に反対「冗談のようだ」

拡大画像を見る

リヴァプールの監督ユルゲン・クロップは、スーパーリーグの失敗に満足しているが、UEFAが提案している改善策は病気と変わらないと考えている。「欧州スーパーリーグを廃止したいと思っていたのに、チャンピオンズリーグは新方式を押し付けてきた。 お金の問題ではないと誰が言うのだろうか? 冗談のようだね」

リヴァプールファンがバス襲撃 レアル関係者が嘆く「最も優れた対戦の一つなのに...」

UEFAは最近、欧州チャンピオンズリーグ(CL)の新方式について説明するためにクロップに接触したが、彼はあまり納得していないようだ。「彼らは私にそれを見せ、私に電話をかけ、UEFAと一緒に1時間かけてアイデアの全体像を見た。“私は好きではない”と言ったんだ。ゲームは6試合ではなく10試合になるが、それをどのような日程で開催するか考えていない。どうなるのか見ものだ」

クロップ監督は、この新方式により、スケジュールを組むのが難しいことに直面し、皮肉を交えて事態の深刻さを示した。「もしかしたら、UEFAはイングランドでのカップ戦の中止を求めたり、リーグ戦を18チームにするように要求したりするかもしれない。それをプレミアリーグに言えば、“ありえない”と言われるだろう。これはジョークにしか見えない」

また、スポーツの本質である選手、監督、ファンへの敬意も要求している。
「監督、選手、そしてファンには意見を求めなかった。UEFAは何も聞いてこなかったし、スーパーリーグについても何も聞いてこなかった」

そして、最後にドイツ人監督はUEFAに対して毒矢を放った。
「新しいチャンピオンズリーグの理由とは?お金の話だ。このような追加試合をどのように運営していけばいいのか、私には分からない」

関連リンク

  • 4/24 20:00
  • SPORT.es

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます