マンチェスター・シティが「左利きのネイマール」を13億円で獲得

拡大画像を見る

マンチェスター・シティは23日、フルミネンセのFWケイキーを1,000万ユーロ(約13億円)+ボーナスで獲得することを発表した。17歳のウインガーは、今シーズン終了までブラジルのチームに在籍し、2022年1月にスカイブルーに加入する。南米サッカー界の最新の宝石の一つであり、ヨーロッパのメジャークラブがその去就に注目していた。

4年前にパルメイラスからガブリエウ・ジェズスを獲得したときと同様、ペップ・グアルディオラのチームは選手の権利を保持し、シーズン終了後の2021年末まで所属チームでプレーさせる。

ケイキーはブラジルU17代表選手。ブラジルリーグで最も期待されている選手の一人である。

現フルミネンセの選手は、左足利きのウイングで、主に右サイドでプレーする。ボールを持ったときのドリブルが魅力で、縦方向への加速と簡単にマーカーを外すクイックネスに特徴がある。身体的にはまだ細いが、ボールを隠す技術も優れている。

国内では、世界のサッカー界で最も才能のある選手の一人であるネイマールと比較され、「左利きのネイマール」と表現されることも。2人のブラジル人は、天性のドリブラーであり、加速とペースを利用して相手に不均衡をもたらすプレーに共通点がある。今シーズンはこれまでに9試合に出場し、2ゴール1アシストを記録している。

関連リンク

  • 4/24 16:00
  • SPORT.es

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます