マジで引くわ…。妻が夫に【本気でイヤだと思っているコト】vol.2

今回は、妻が夫に【本気でイヤだと思っているコト】について4つご紹介します。
小さなことに感じることでも、積み重なると大きな問題になってしまいますよ。

ぜひ参考にしてみてください。

(1)子どもより自分優先



生活の中心が子どもの女性にとって、子どものためより自分のために時間もお金も使う男性の真理は理解ができません。
家族の一員として、子育てにも時間や労力を使うべきで、教育や子ども関連のことに優先的にお金を使うべきと考えている女性も多いです。

趣味に全力投球したいのであれば、しっかりと奥さんの了解を得られるように、必要最低限のルールを守って説得しましょう。

(2)話を聞かない



子どもの成長や日々の愚痴など、話したいことはたくさんあるはずです。
相槌を打って聞いてくれるだけでいいと思っているのに、旦那さんはスマホやゲームに夢中で話は上の空。

仕事以外の時間はゆっくりしたいと思うのもわかりますが、こんなすれ違いが積み重なると取り返しがつかないことになりますよ。
時間を決めてでもいいので、少しは話し合う時間や話を聞く時間を作りましょう。

(3)ありがとうを言えない



感謝をしていても、言葉に表さないと伝わらないもの。
『これ洗っといて』『ごはんは?』と、家政婦のように扱われるのがイヤだと考えるのは当然でしょう。

言い方ひとつで印象は大きく変わりますよね。
嬉しい時はわかりやすく喜んで、感謝を素直に口に出して言えるように心がけたいですね。

(4)なんでもやりっぱなし



電気のつけっぱなしや、水の出しっぱなし、服の脱ぎっぱなしなど、なんでもやりっぱなしにしてしまう人は、知らず知らずのうちに日々奥さんをイラつかせているかもしれません。

子どもだったら許せても、旦那さんという同じ立場ならできてほしい部分です。
奥さんが家計を管理している家庭はとくに、電気や水などの細かいと思うことも気になってしまうはずなので注意しましょう。

一度言われたことは改善するという努力が必要です。


今回は、妻が夫に【本気でイヤだと思っているコト】についてご紹介しました。
子どもと同じように奥さんに甘えるのではなく、パートナーとして支えられるようになりたいものですね。

ぜひこの記事を参考にして、いい旦那さんになってくださいね。

(恋愛jp編集部)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 4/24 21:35
  • 恋愛jp

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます