【宿泊レポ】ウェスティンホテル東京で素敵なバースデーステイを!

拡大画像を見る

ウェスティンホテル東京で、ホテルから1歩も出ないおこもりステイを堪能しました。ゆったり、そしてラグジュアリーな1日をウェスティンホテル東京で過ごしてみませんか?


恵比寿ガーデンプレイスからすぐ!「ウェスティンホテル東京」


お洒落な街「恵比寿」のラグジュアリーホテル♡



JR恵比寿駅を降り、東口から続く「恵比寿スカイウォーク」を歩き
「恵比寿ガーデンプレイス」へ!駅から約7分ほどで到着する
「ウェスティンホテル東京」。駅から少し歩きますが、屋根が付いており、地下からのアクセスも可能なので雨でも濡れずにアクセスできます。




中に入ると、中世ヨーロッパをクラシカルで重厚感のある空間が!ロビーにある螺旋階段は特にゴージャスでとても贅沢な気分に♪♪
ホテルのテーマカラーである「ロイヤルブルー」が至る所に用いられており、階段の絨毯も「ロイヤルブルー」!「ゴールド」の装飾が更に格調高い空間を演出しています。
せっかく訪問したのならば、この豪華なロビーでの撮影もお忘れなく♪
深夜のロビーは他のゲストがいないので写真も撮りやすく、筆者はいつも深夜に撮影をしています。


【客室】1ベットルームスイートに宿泊!




今回は筆者の誕生日での利用ということもあり、「1ベッドルームスイート」に宿泊をしました。
スイートルームなので、リビングとベッドルームが分かれており、84平米でゆったりとした広さでした。
利用したお部屋は「ロイヤルブルー」でまとめられており、クラシカルな家具が置かれていました。



誕生日のサプライズで、お部屋にはスパークリングワインのボトルサービスがありました!
こういうサービスはとても嬉しい♪
お部屋でゆったりしながら頂きました。



ベッドは「雲の上の寝心地」と称されているヘブンリーベッドが使用されています。ベッドもゆったりしており、ぐっすりと眠れました。


お部屋に付いているドリンクは?




今回宿泊したお部屋はドリンクも大変充実しており、ケトルはもちろんコーヒーメーカーのネスプレッソも置かれていました。


【バスルーム】黒を基調とした空間で贅沢な癒しを!





黒の大理石で作られたバスルーム。お部屋とは雰囲気が異なり、とてもシックな印象を受けました。バスルームもゆったりとしており、女子旅には嬉しいダブルシンクでした。
シンクが2つあると、朝の準備が効率よく進むのでありがたいですね。
バスルームには、手前に洗面台と浴槽があり、奥にシャワールームとトイレがついています。



アメニティも大変充実しています。シャンプーやソープ類はヘブンリースパシリーズのものを。ホワイトティーの香りが清潔感のあるさっぱりした香りのアメニティです。こちらは購入もできます。一通りのものは揃っており、マウスウォッシュや洗濯洗剤も揃っていました。



筆者はバブルバスをする為に、入浴剤を持参しました!
ゆったり広い湯船に浸かりながら、スパークリングワインを片手にまったり♪
誰にも邪魔されずに、優雅な時間を過ごせるのもホテルでのステイケーションならではの醍醐味ですね。


【エグゼクティブラウンジ】でおこもりステイを満喫!


並ばずチェックイン・アウト♪





スイートルームは勿論、15階以上の「エグゼクティブフロア」に宿泊をすると、「エグゼクティブラウンジ」のアクセスがついています。「エグゼクティブラウンジ」のアクセスがついていると、チェックインやチェックアウトもこのラウンジでできるので、フロントで並ぶことも不要です。


ラウンジ以外利用可能⁉︎ ウェスティンホテル東京ならではの魅力



こちらのラウンジは6時〜22時で空いており、いつでも利用することができます。
3つの時間帯に分かれており
「ティータイム」「カクテルタイム」「朝食」と
時間帯に合わせてドリンクと軽いお食事が何度でも楽しめます。



「ウェスティンホテル東京」の「エグゼクティブクラブ」では
ラウンジの利用以外にも特徴となるサービスがあります!
・カクテルタイムではラウンジだけでなく、
「コンパスローズ」「ザ・バー」も利用可能!
・朝食ではラウンジだけでなく
「ビクターズ」「日本料理 舞」も利用可能!
もちろん、通常のビュッフェレストランである
「レストラン・ザ・テラス」も利用することができます。


「ティータイム」でパンもケーキも♡




お昼の時間帯には、ベーカリーや焼き菓子などが並び始め、チェックインをする時から素敵なティータイムを過ごすことが出来ます。お話を楽しんでいる方や作業をされている方、ラウンジでは皆さん思い思いに過ごされています。窓側の席は景色も良く、日差しも入り明るくて解放的なのでお気に入りになりました。


「カクテルタイム」はエビスビールで乾杯♪






夕方17時からはカクテルタイムがスタートします。カクテルタイムがスタートすると、他のゲストも沢山ラウンジに集まってきます。初めの時間帯は「なくなってしまった!」というものもすぐに補充されます。流石一流ホテルですね。夜の時間帯に当たるので、おつまみやスナック、お酒も登場します。お酒のラインナップは、ビール、赤・白・スパークリングワインと揃っています。ビールはもちろん、恵比寿には外せない「エビスビール」、サッポロの黒ラベルもありました。種類豊富で軽食とは言えども沢山食べるとお腹いっぱいになり、私はこのラウンジで夕食を済ませてしまいました。


【ザ コンパスローズ】でエレガントなバータイムを!






クラブラウンジでのカクテルタイムの後、22階にある「コンパスローズ」に移動しました。
空間はとってもエレガント!
奥に広がる東京の夜景がキラキラしており、より一層華やかさがありました。
東京タワーも見えますよ。
ジャズに耳を傾けながらマティーニを頂く素敵なひと時でした。


朝食1.【ビクターズ】で特別な朝を!



エグゼクティブフロアに泊まると、
朝食会場が3〜4会場に増えます。
その中でもかなりおすすめなのがこの「ビクターズ」

この「ビクターズ」はフレンチレストランであり、
ロココ調の空間と、窓から差し込む日差しが
気分を高め、特別な朝を演出してくれます。




私は完璧な焼き上がりのエレガントなパンケーキ
シェフの技が光るオムレツ
こちらを頂きました。
他のメニューは、ステーキなどもあり、
朝からステーキのメニューがあることに驚きました。
「ビクターズ」の朝食はかなりおすすめなので、
アクセス権があればこのレストランを
最初に訪問することをおすすめします。


朝食2. 宿泊した朝が土日であれば是非【舞】へ!



土曜・日曜・祝日の朝は、「日本料理 舞」も
朝食会場となります。
エグゼクティブフロアに宿泊をしていると、
こちらの朝食時のアクセスも可能に!
私は「ビクターズ」に訪問した後こちらに訪問しました。





提供されるのはもちろん和食。
通常、寿司カウンターになっているところが和食ビュッフェのカウンターになっていました。
こちらのお店は比較的外国人のお客様が多かった印象です。



庭園が見える席で本日2回目の朝食を頂きました。


朝食3. 通常ビュッフェ会場の【レストラン・ザ・テラス】


朝食付きプランで予約をするとアクセスができる
「レストラン・ザ・テラス」
一般の朝食ビュッフェレストランなので、
とにかく種類が豊富!
サラダやフルーツ、ベーカリーも沢山、
フルーツジュースやスムージーも揃っています。
和食や中華料理も!!!



流石に3軒目の朝食会場だったので、
軽く食べるだけで終えてしまいました。


せっかくならエグゼクティブフロアでおこもりステイはいかが?



流石!都内のラグジュアリーホテルだなと実感!
エグゼクティブフロアに宿泊すると、アクセス権も多くサービスが充実しており、より一層この「ウェスティン東京」を堪能することができました。

・なかなか休みが長く取れない人
・アクティブよりもゆったり過ごしたい人

上記の人たちに特におすすめ!

東京都内にあるので、移動時間は考えず、たまにはホテルでおこもりステイをし、ゆったりとした時間を過ごしてみはいかがでしょうか?


<スポット情報>
ウェスティンホテル東京
住所: 東京都目黒区三田1-4-1(恵比寿ガーデンプレイス内)
電話: 03-5423-7000

関連リンク

  • 4/24 19:28
  • aumo

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます