横浜FMが5得点で“横浜ダービー”快勝! 横浜FCは今節もリーグ初勝利ならず

拡大画像を見る

 24日、明治安田生命J1リーグ第11節横浜F・マリノス対横浜FCが行われた。

 直近の公式戦8試合で負けなしで6位の横浜FMは、前節北海道コンサドーレ札幌を相手に3得点で勝利。今節もスターティングメンバーに名を連ね、ここ3試合で2ゴールを挙げているFWオナイウ阿道の活躍に注目が集まる。対する横浜FCは、未だリーグ戦未勝利で最下位。今月上旬からチームを指揮する早川知伸監督のもと、勝ち点3を目指す一戦となった。

 先制したのは横浜FMだった。敵陣ペナルティエリア左でボールを受けたオナイウがDF袴田裕太郎に倒されPKを獲得。これをFWマルコス・ジュニオールが決め、29分に横浜FMが先制する。

 その5分後、横浜FMは右CKから追加点を上げる。M・ジュニオールが蹴ったボールを中央でオナイウがヘディングシュート。これは横浜FCのGK六反勇治が防ぐが、ゴール右でこぼれ球を拾ったFWエウベルが中央へパスすると、再びオナイウがシュートを放ちゴールネットを揺らした。前半は2ー0で折り返す。

 迎えた後半も依然として横浜FMが相手を押し込む展開が続く。すると68分、敵陣中央右サイドにポジションに取ったM・ジュニオールからのスルーパスで抜け出したオナイウは六反を交わすと、ペナルティエリア中央から右足でボールをシュートへと流し込んだ。横浜FMのリードは3点となる。

 さらにその3分後、横浜FMは敵陣深くでの細かいパスワークでMF扇原貴宏がペナルティエリア左でボールを受けると、左足で低く鋭いクロスを供給。これを後ろから走り込んだFW前田大然がダイレクトで合わせ、ゴールネットを揺らした。これでスコアは4ー0。

 まだまだ手を緩めない横浜FMは78分、敵陣で相手のパスカットを拾ったFWレオ・セアラがペナルティエリア内へ進入すると、左足でシュート。これがゴール左へ決まり、横浜FMが5点目を挙げた。今月チームに合流したレオ・セアラは、初出場で初ゴールを記録している。

 その後も横浜FMが攻勢を緩めない展開も、スコアは動かず5ー0で終了。横浜FMが完勝を飾り、一方の横浜FCは今節もリーグ戦初勝利を逃す結果となった。

【スコア】
横浜F・マリノス 5ー0 横浜FC

【得点者】
1ー0 29分 マルコス・ジュニオール(横浜F・マリノス)
2ー0 34分 オナイウ阿道(横浜F・マリノス)
3ー0 68分 オナイウ阿道(横浜F・マリノス)
4ー0 71分 前田大然(横浜F・マリノス)
5ー0 78分 レオ・セアラ(横浜F・マリノス)

関連リンク

  • 4/24 15:54
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます