【あやめ賞結果】ギャラントウォリアが押し切りV

拡大画像を見る

 24日、阪神競馬場で行われたあやめ賞(3歳・1勝・芝1800m)は、2番手でレースを進めた池添謙一騎手騎乗の4番人気ギャラントウォリア(牡3、栗東・平田修厩舎)が、直線で先頭に立って、最後は外から追い上げてきた6番人気ジオフロント(牡3、栗東・清水久詞厩舎)にクビ差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分46秒0(良)。

 さらにハナ差の3着に5番人気バガン(牡3、栗東・野中賢二厩舎)が入った。なお、3番人気ヴェルトハイム(牝3、栗東・友道康夫厩舎)は4着、2番人気パタゴニア(牝3、栗東・池添学厩舎)は5着、1番人気カイザーバローズ(牡3、栗東・中内田充正厩舎)は6着に終わった。

 勝ったギャラントウォリアは、父スクリーンヒーロー、母マルバイユ、その父Marjuという血統。これで通算成績は8戦2勝となった。

関連リンク

  • 4/24 14:39
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます