どうしよう...?彼と【ケンカ】してしまった時の仲直りの方法って?

拡大画像を見る


あなたは彼とケンカをした時にどうやって仲直りをしていますか?仲直りをするはずがさらに悪化してお別れをすることになってしまった、という経験をしている人も多いのです。
そこで今回はケンカをしても上手に仲直りする方法をお伝えします!


素直に「ごめんね」と言う

だらだらといつまでも険悪な状態でいるのはふたりの関係をマイナスの方向に進ませてしまいます。
もしも相手だけが悪いということでなければ、早い段階で素直にあなたから謝ってしまいましょう。意地になっていつまでも怒っていては解決出来ることも出来なくなってしまいます。
やはり素直が一番です。どれだけ怒っていたとしても、彼のことを好きなら離してはいけません。あなたの「ごめんね」がきっかけで、彼の気持ちも落ち着いてきちんと話し合えるようになります。


冷静に自分の思いを伝える

ケンカをした時に怒りに任せて余計なことや思っていないことまで言ってしまって大ケンカに発展したという経験をしている人も多いです。
取り返しのつかない状態になる前に冷静になって自分の思いを伝えるのは仲直りをする上でとても大切ですし、ケンカをネガティブなものから相手の気持ちや価値観を知るポジティブなものに変えることもできます。
自分が冷静になることで相手も徐々に落ち着いて話せるようになってきますし、冷静になれば火に油を注ぐような一言も回避することができます。そして、冷静になっている時こそ相手の話に耳を傾けることができるのです。


その場から離れて自分の気持ちを落ち着かせる

ケンカをしてどうしても怒りがおさまらない時もありますよね。そんな状況で同じ空間にいるとケンカが落ち着かずにどんどんヒートアップしてしまい悪化するので、一度その場から離れて自分の気持ちを落ち着かせることが必要です。
自分自身がイライラしていると、相手の言っていることも納得ができなかったり受け入れることが難しくなってしまいます。
その場から離れて気持ちを落ち着かせることで、自分の気持ちを整理して相手に伝わるようにきちんと話すことができます。落ち着いてから話す方が早く仲直りができるので、試してほしい方法です。


手紙で謝る

冷静になることがどうしても難しい人は手紙で自分の気持ちを伝えることでケンカを悪化させることを防げます。
ケンカしていると、なかなか素直になれず本当の気持ちを伝えらないこともありますよね。そんな時は手紙で謝るのも一つの手段です。
直接話すよりも手紙の方が相手に気持ちが伝わることもありますし、何よりも自分の気持ちを伝えやすいです。自分の気持ちを手紙に託してみるのも、彼と仲直りするチャンスに繋がりますよ。


ケンカをしたら早めに仲直りをする

ケンカをしてお互いの考えや思いを知れることもあるので全てのケンカがふたりにとってネガティブなものではありせんが、ケンカを長引かせるとどんどん悪化してしまい相手の良いところまで見えなくなってしまいます。
やはり早く仲直りできることに越したことはありませんよね。ケンカが原因で大切な彼を失わないためにも自分や相手の性格を考えて、ふたりが早く仲直りできる方法を取り入れてみてくださいね!
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 4/24 14:45
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます